『森のようちえんカフェ』に いってきました

森のようちえん全国ネットワークが、年2回、開催している『森のようちえんカフェ』。
毎回ゲストをお呼びして、こどもについて、こどもとの関わりについて、お話を聞きながら考える時間。
今回は、今年11月に仙台で開催される『森のようちえん全国交流フォーラム』に向けて、
初めて東京を離れて、仙台での開催!

準備を少しお手伝いさせてもらっていたので、いつもより楽しみに、いってきました。

講師は、ハート&アート空間 BeI(ビーアイ)の関口怜子さんです。

今までも情報を交換したり、西公園に関するおもしろいことを考える仲間に入れてもらったり、
交流はあったのですが、『お話の場』でのお話をお聞きするのは初めてでした。

 

まずは参加者同士、自己紹介などをして、気分もリラックス。

そして、関口さんの登場です。

最初から最後まで、笑顔で元気。
聞き慣れたことばですが、まさにこの言葉がぴったりの関口さん。
こどもたちの絵と一緒に。

IMG_7801

今回のカフェのテーマでもあり、関口さんのテーマでもある『こどもとどういるか』ということについて、
じっくりお話をしていただきました。

一番印象に残ったのは、『こどもたちが「自然、ひと、もの、ことば」とどう出会うか』ということ。
また、どう出会わせるか、ということでした。

こどもたちは、毎日が新しい出会いの連続。
どう出会うか、出会った瞬間に一緒にいたとき、自分はどういるか。
普段の活動の中でも、たくさん出会います。

そんな時、自分はそんなこどもと、「どういるのか」。
あらためて、考えてみるきっかけになりました。

関口さん、ビーアイのみなさま、森のようちえん全国ネットワークのみなさま、ありがとうございました。

 

*ねっこ*

 

 

 

 

 

この記事へのコメント