【本の紹介vol.1】子どもと森へでかけてみれば

森のようちえん 虹の森のブログでは、
虹の森の活動だけでなく、森のようちえんに関する様々な情報も、みなさまにお届けできればと考えています。

第一弾の今回は、本の紹介です。

『子どもと森へでかけてみれば』
子どもと森へでかけてみれば
  写真・ことば:小西貴士さん
    小西さんのブログはこちら⇒http://ameblo.jp/gorilla-tarou/
  出版:フレーベル館(2010)

森の中にでかけた子どもたちの表情、気持ちが、びしびし伝わってくる写真とことば。
四季折々の自然と、それに触れた子どもたちの感性。子ども同士のやりとり。
森のようちえんの世界に、ぐんぐん引き込まれます。
ぜひ一度、手に取ってみてください。

詳しい本の紹介・ご購入はこちらへ
 ⇒http://www.froebel-tsubame.jp/shopdetail/042022000019/

*ねっこ*
今回紹介したこの本。
森のようちえんの魅力が詰まった写真、独特の世界観を持ったことばに惹かれ、実は私も一冊持っています。

この記事へのコメント