いつもの山のてっぺんへ

今日は、泉ヶ岳で森のしょうがっこう。
4月からはじまって、7回目の今日。
季節もよくなってきたので、ついに!
いつも遊んでいる山のてっぺんへ。
泉ヶ岳に登ってきました!
お天気だけが心配だったのですが、
おひさまは元気で青空がひろがって、最高の一日でした。

朝、いつもよりとても早めに集合して、
気合いをいれて、いってきます!
体操もして、よし、頂上目指して、出発!
…でも、何か見つけて立ち止まったり。

IMG_6593

森の中がにぎやかな秋、
目をこらせばいろんなものがあるのですが、
今日はそれより、歩く日。
てっぺん目指して、一歩一歩進みます。

いつもはらっぱに行く途中の道を通って、
行きは水神コースをいきました。
大人の足で、2時間くらい。

IMG_6595

歩くと汗ばむくらい。
このあたりはまだ、緑の葉っぱがきれいでした。

途中には、こんな大きな岩も。
これ、登ってみよう~。

IMG_6596

小さくても大きくても、登れると嬉しいもの。
小さな挑戦がたくさんあって、嬉しい道でした。

疲れた~なんて言いながらも、休憩しながらぐんぐん進んで、
水神さまのところに到着!
ゆっくり休憩しようかと思ったら、
川を見て目を輝かせて、
岩をつたって向こう岸まで遊びに行っていました。

IMG_6603

まだまだ元気そうです。
なので、ちょっと休憩したらまた出発!
あと、半分くらいかな。

少しずつ、岩がごつごつとした、
歩きにくい道になってきます。
傾斜も急に。

IMG_6610

息をきらせながら、でも、おしゃべりも止まらないまま。

みんなが座れる、こんな大きな岩もありました。
ひとやすみ。

IMG_6611

大きな岩、なにがどうやって、ここにあるんだろうね。

少しずつ木々も背が低くなって、上に登ってきたことを実感します。
それと同時に視界が開けて、
遠くの山々まで見える、いい景色。

IMG_6613

やっほー!もしましたよ。
(通り過ぎたおじさんが、上から返してくれました。)

ここまでくれば、山頂まではあとすこし!

IMG_6618

景色もいいし、お腹もすいたし、もうここでごはん食べたい…気持ちもありましたが、
でもやっぱり、一番上まで行きたいね!と、残りの力をふりしぼって。

到着!
なんと、2時間40分で着きました!早かったです。

IMG_6622

ちいさな体では難しい場所もありましたが、
一歩一歩、しっかり進んで、無事てっぺんに着くことができました。
お疲れさまー!(まだ下りが残っているので、半分ですが。)

お待ちかねのお昼ごはん。
陽射しも暖かく風もなくて、
最高のお天気の中、お腹も満たされました。

食べ終わったら、
頂上でおにごっこしたい気持ちもうずうずしていました。
無事下ったら、はらっぱでやろう!
と、帰りはカモシカコースを行きました。

また、岩がごろごろとした難しい道。
ゆっくりゆっくり下ります。

IMG_6626

上の方は、紅葉がとってもきれいでした。
泉ヶ岳、遠目で見ても赤く色づいてきましたね。

この下りがなかなか大変で…。
疲れた足に、急な坂。
さらに疲れて、でも道は険しくて。
転がっていかないように、一歩ずつ丁寧に下っていきました。

IMG_6634

途中から、紅葉はまだはじまっていない、緑がきれいでした。
笹の葉っぱも、たくさん。

大変な道がひと段落したら、気持ち良いススキのはらっぱ。
山の途中にある、ごほうびのような空間でした。

IMG_6637

こんもりとした森を越えたら、またススキのはらっぱ。
後ろを振り返ったら、泉ヶ岳。
あそこのてっぺんまで行ってきたんだね。

IMG_6642

こうやって見ると、てっぺんと自分の間の歩いた空間が、
目でも感覚でもわかります。
さっきまであそこにいたのに、今はここにいる不思議。
みんなでちょっと見つめていました。

最後の下りは、スキー場の横の道。
これがまた急な道で…。
遊びたい歩き疲れたみんなが考えたのは、
ころがる!

IMG_6646

リュックも背負ったまま、ごろごろ…楽しそうでした。

さらに楽しそうだったのが、こちら。
はらすべり。

IMG_6648

けっこういい速さですべっていました。
顔が前にあるので、
地面がせまってくる臨場感がいいんですよね。

そして、もちろんおしりすべりも。
ビニール袋を敷きましたが、
小石がころころ転がっているところで、穴があいちゃいました。

IMG_6653

みんなのズボンは大丈夫だったかな…。

最後は、坂がゆるやかになったところで駆け下りて、到着!
山登りのおわりです。

思ったより大変だった下り、2時間30分でした。
はらっぱで遊ぶ時間はなく、最後に今日の絵本。
『はっぴぃさん(作:荒井良二)』を読みました。
みんなが思う“はっぴぃさん”は、おひさまだったようです。
登って下りている間、みんなのこともしっかり見守ってくれていましたね。

今日の森のしょうがっこう、
いつもと違ってしっかりと目標を持った時間でした。
どんな時間になるだろうと、どきどきワクワクしていましたが、
気持ちも体もしっかり準備できていたようで、
疲れたよ~の声は出たものの、
特に登りは、あっという間に頂上に着きました。
下りは急な斜面に時間がかかりましたが、
足は疲れていても、口は元気におしゃべりしたり唄ったり。
あまり特別になりすぎずに、いつものみんなで登りきることができて、よかったです。
みんなの様子も、いつも通り。
登り切って嬉しそうな顔も、いつも通りでした。

そして、昨日のきのこ組と同じで、
会話の中に、次の季節の話も出てきました。
雪が降ったら、雪合戦しよう!
まだまだ、次の楽しみが待っています。
来月は、まためいっぱい遊ぼうね。

*ねっこ*

○●おまけ●○●

まるで花のような、紅葉した葉っぱ。

IMG_6615

この記事へのコメント