いろんな遊びのかたち 感じ方

くもり、雨の時間がちょっとずつ長くなってきましたね。
そろそろ、梅雨入りでしょうか。
布団や洗濯物を干すタイミングが難しくなってきました。

 

虹の森のようちえんも、開園から2カ月ちょっと。
夏休みまで、1カ月ちょっと。
時間が経つのは、本当にあっという間です。

でも、しっかりと時間が経っているんだなぁと感じることも。
そのひとつに、遊び方の変化がありました。

最初は、探検をしたり、探検した先で木登りをしたり、
ちょこちょこと移動することが多かったのですが。
最近は、何かをじっくり作っていたり、お店屋さんごっこをしたり。
その場所に慣れてきたからこその遊びが、はじまったように思います。

これは、スープだそうです。
葉っぱを丸めたカップに、
葉っぱをちぎったスープが入って、
さらに茶色の細長い葉っぱが、ストロー。

IMG_6842

スープをストローで飲むのか、というつっこみは、さておき。
その前は、ジュースの話もしていたからね。
ちょっと混ざったんだと思います。

こちらは、一目瞭然、お団子ですね~。
枝に葉っぱが3っつ、しっかりとささっています。

IMG_6936

1個2000円と言われました。(!!!!)
値切って、500円にしてもらいました。

さらに、お団子屋さんに、「袋に入れますか?」と聞かれたので、
「はい、お願いします。」と答えると、こんなものが出てきました。
葉っぱの袋。ちゃんと、袋になっています。

IMG_6935

もはや、袋しかないのでは?お団子はどこ??というつっこみは、さておき。
風情のある、素敵な袋です。

 

何気なく落ちている葉っぱ、木の枝。
森の中のものが、今までと違って見える瞬間です。

こどもたちの目から、その世界を見てみたいなぁと思います。
その目に映るもの、葉っぱがお団子になる瞬間、どんな風に見えているのでしょうね。

葉っぱを「葉っぱ」以外のものに変えてしまう、やわらかな目と心。
おとなになっても、こぼさず持っていてほしいなと思います。

 

*ねっこ*

この記事へのコメント