こじんまりのみんなの遊び

今日は、そら組でした。
第二金曜日の回は、今年度は今日が最後。
暖かい陽射しと冷たい風、雪もちらつく不思議なお天気の中。
残念ながら風邪のお休みが多く、少人数でこじんまりでしたが、
そのよさを楽しんだ一日となりました。

絵本を読んで出発したら、森の近くのはらっぱへ。
ちいさいお友だちとゆっくり歩いていたら…みんなはどこかな?
声のする森の中へ行こうとしたら、
びゅーっと、駆けだしてきました。

IMG_8602

手には、それぞれ木の枝を持って。
朝は、刀を持っていたのですが、このときは弓になっていました。
変幻自在でいいなぁ。

朝から肩を並べて歩くふたり。
顔を合わせる度に、へへへって笑っていました。

IMG_8603

一緒にいるだけで、なんか楽しい。
素敵な時間です。

違う道から、また森の中へ。
今日は、いつもと違う方向からこの坂を行きます。

IMG_8606

最初はおっかなびっくりで、
え、ここを行くの…?という雰囲気だったけど、
もう知った道。
とことこすたすたと、どんどん進みます。

森の中は、おもしろそうなものがいっぱい。
立ち止まっては、拾って。
また、立ち止まっては、拾って。

IMG_8607

それをひとつひとつくれるので、全部もらっていたら、
こんなにたくさんになりました。

IMG_8610

置いていたら、しっかり見つけてまたこれで遊んで。

ちいさいお友だちは、おもしろいものをたくさん見つけます。
倒れている石の穴に、ちいさい石をつめては出して、つめては出して。

IMG_8608

集中して、楽しそう。

大きいお友だちは、はらっぱの案内板に座って、
車ごっこ?かな?運転したり、
坂をすすすーっとすべったり。

IMG_8611

こちらも、遊びがくるくる生まれて楽しそう。

なんとなく近くで遊んでいたみんなが、
段々と一か所に集まって…

IMG_8612

一緒に遊んでいるような、
それぞれ遊んでいるような時間。

でもちょっとずつ移動したら、ここでお店屋さんがはじまり。

IMG_8615

みんな自分のやりたい遊びをしているのですが、
その遊びが近いところにあるから、
みんなでわいわい遊ぶように。

IMG_8616

年齢も少しずつ違っていますが、
こうやってこじんまり、一緒に遊んで。
何より、この空気感がとっても素敵でした。

お昼のチャイムが鳴っても、遊び続けていました。
お腹は空いているのだろうけど、忘れているよう。
幸せな時間だなぁと思います。

でも、お腹は空いていることを思い出したら、
気持ちは一直線にお昼ごはんへ。
ちょうど風も強くなり、雪もちらつきはじめたので、
おうちの中で食べることにしました。

ちょっとおしゃべりしながら、
いつもより遅めのごはんを食べたら、もう絵本の時間。
今日は、『いたずらっこのきたかぜさん(作: 山脇 恭 絵: 村上 康成)』を読みました。
いたずらっこだけど、いじわるじゃないきたかぜさん。
みんなの帽子をいたずらに風に乗せて。

私たちの街に吹く北風も、こんないたずらするかな?
毎日びゅうびゅう吹く風とも、
ちょっとお友だちになれるかな、と思わせてくれる絵本です。

今年度のそら組も、活動がひとつ、おわりを迎えました。
月に1回(または2回)、季節をぐるっとひと回り。
そんなに長い時間ではないですが、
季節が少しずつ、変わっていっていること、
一緒に生きものたちも、生きもの自身が変わったり、
会える生きものが変わったり。
そんなことに出会えるおもしろさを味わっていただけていたら嬉しいです。

そして、何よりどんどんと変わっていくこどもたち。
毎月会うたびに少しずつ大きくなって、変わっていました。
大きくなっていくときに、
季節や自然に触れて楽しんで、
(時には楽しくないときもあるけれど)
わかりやすい言葉や形で表せなくても、
その経験がみんながこれから生きていく力の源になりますように。
そんな風に思っています。

一年間、ありがとうございました!

そして、再来週のそら組のみなさま、まだまだ楽しみましょう~。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

森の中では、ちいさな芽が顔を出し始めています。

IMG_8605

この記事へのコメント