ちいさな変化がちょっとずつ

今日は、多賀城でそら組でした。
2月とは思えない、ぽかぽか暖かいおひさまの下。
少しずつ、春は近づいているのかな。

あいさつをしたら、まずは森へ。
前回とは、逆まわり。
雪もほぼとけていましたね。
森をかけていくみんな、本当に大きくなりました。

IMG_1209

この坂も、軽々と登り降り。
体が大きくなっただけじゃなく、
自分の遊び場、というような安心感も、育ったのかな。

IMG_1210

ここで、森の中に突然あらわれる、踏切。
なぜか閉まっていることが多いのですが、
前で少し待っていると、にこやかな笑顔とともに開きます。

IMG_1211

同じものを持ちながら、下へ興味が向くことも。
ちょっとのぞいている土。
この下に何があるんだろう~。ほりほり。

IMG_1215

森から出る前に、またあらわれる踏切。
増えることもあります。
でも、みんな笑顔で通してくれる踏切なのです。

IMG_1216

前は、この道だけで1日が終わりそうだったのに、
今日はまだまだ遊べます!
道の横の特別ふかふかな場所を通って、沼の方へ。

IMG_1217

足を一列にして歩くの、難しそうでした~。

ここには、まだ冬が残っていました。
その上に、足あとがたくさん。
ひとつ見つけると、いろいろ見つかります。

IMG_1218

なんだろうね~。
犬かな、猫かな…。
でもこのあたり、タヌキはいるようです。
そういえば、前にキツネも見ました。
こんな風に動物を感じられるのも、冬だからこそ、です。

そして、ここからは前回と同じ、この場所まできました。
雪、少なくなって、沼の氷もだいぶとけていましたね。
白鳥も見えて、羽ばたいていたり、鳴いていたり。
こどもも大人もくぎづけになっちゃいました。

IMG_1220

しかし、少なくなったといはいえ、
雪は固まってつるつるになっていました…。

そんなつるつるになった道をどきどきしながら通って、
今日は加瀬沼公園まで行きました!
たくさん歩けるようになったなぁと、しみじみ。

沼までの斜面も、えっちらおっちら登れました。

IMG_1229

ひろーい沼に、いろんな鳥たち。
見飽きないですね。

IMG_1222

でも、鳥より水遊びしたい!というおともだちも。
寒いけどね、それもいいなぁ。

今日は、このまま加瀬沼公園でひなたぼっこしながらご飯を食べて。
絵本も読みました。
『ふゆ(作:こうの あおい)』には、雪の降った森に、いろんな足あと。
だれだろう?と思っていると…会いに出てきてくれた、たくさんの生きもの。

雪の上の足あと。
他の季節だと、あまりはっきりと感じられない動物たちの気配。
糞や木々に残る跡はありますが、
雪の上の足あとは、そこを通った姿もなんとなく見えるような、
少しどきっとするくらい、くっきりと存在を感じます。
冬の楽しみ。いつか多賀城でも、雪が降ったすぐあとに、森の中を歩けるといいなぁ。

帰り道は、それぞれのペースで。
蔓を両手に、3人乗りの電車も通っていましたよ。

IMG_1233

新しい年がやってきてから、毎月感じますが、
こどもたちの動きが、ぐんと変わったように思います。

今日は、加瀬沼公園まで行けたことでさらに強く感じました。
去年の春にはまだ歩き始めていなかった子も一緒に、です。

そして、行ける場所が増えるだけでなく、
それぞれの遊びが、まじわるようにもなったことも、
3つの季節をしっかり遊んだ今だからこそ、なのかなと思います。
他の子がやっている遊びを真似したり、一緒にやったり、
ときにはケンカすることも。
一緒に遊ぶからこそのケンカですね。

そら組は、今年度は残り1回。
淋しい気持ちもありますが、いつも通り遊びながら、
ひとまわりしてやってくる春を探しにいきたいなと思います。

*ねっこ*

○●おまけ●○●

暖かくなったり、寒くなったり。
すこしずつ、すこしずつ。

IMG_1235

この記事へのコメント