なごり雪と雪解け水(3/24)

3月ももうすぐ終わり。
桜が春を連れてきてくれる頃になりましたが、
泉ヶ岳には、まだ冬がのんびりしていました。

3/24の森のようちえんは、最後の雪を楽しもう~という感じで始まりましが、
とりあえず、みんな川へ…
流れる水、動く葉っぱ、子どもたちはいつでも川に惹かれますね~。

0324_1

雪解け水が流れてきて冷たい…はずですが、落ち葉を流すことに夢中です。
さーっと流れていく落ち葉を見て、
『どこに行くんだろう…?』
不思議に思う気持ちを、たくさん育ててほしいですね。


春も発見しましたよ~
マンサク(万作、金縷梅)です。
ちっちゃいかわいい花が、少しずつ春をつれてきてくれていますね。

0324_2

と思ったら、冬を感じずにはいられない、こんなものも!!
川の中に落ちていた木のまわりに、氷が…。
見ているだけでとっても寒そうです。
でも、とってもきれいでした。



0324_3


その後も、ぐんぐん進んでいきました。
岩に登ったり…


0324_4

木の根っこに隠れて、みんなを待ったり…


0324_5


今日も、たーくさん歩きました!
回を重ねるごとに、みんなどんどん体力がついてきているのを感じます。


さて、ご飯を食べて、ちょっと休憩したら、そりすべり!


0324_6


自分で登って、すべって…
歓声が響き渡っていました。
もちろん、大人もすべりましたよ。


最後は、いつもの絵本の時間。
『もう はるですね(作:いわむらかずお)』。


0324_7

泉ヶ岳は、雪は残っているものの、だんだんと、地面が顔をだしています。
もう、春ですね。
生きものが動き出すのが、楽しみです。
そして、それに反応する子どもたちの姿も、とっても楽しみです。



○●おまけ●○●
絵本の時間の前には、よっしーのウクレレと一緒に、歌を歌います。
みんな、だんだんと歌えるようになってきました♪

0324_8

この記事へのコメント