久しぶりの探検

今日は、泉ヶ岳できのこ組。
山にも、春が近づいていました。
私たちの遊び場には雪もすっかりなくなって、
陽射しは暖かく、いつもより早く、春が近づいていますね。

今年度から月2回となったきのこ組。
一年を通しての参加と、毎月どなたでも参加OKの日がありますが、
今日はどなたでも参加OKの日。
すくない人数でゆったり過ごしました。

朝いちばん。
雪がとけて地面が見えて、 その下に隠れていたものも、見えてきました。
久しぶりに会ったふかふか落ち葉の上、気持ちいいよね。

IMG_2184

今日は、はらっぱに行って、そのあと水芭蕉も見に行こう!
ということになったのですが、でもやっぱり小川で遊んでから…
川のそばで、今日もお料理、そしてお店屋さんごっこのはじまり。

IMG_2190

ちょうどいい台所があるんです。
川の水は、雪どけの水でしょうか。
いつもより多かったです。
石を投げ入れて、ちゃぽん、を楽しんだり、
木の枝を入れてみたり。
遊びかたいろいろ。

IMG_2193

木の枝と石を持って。
木の枝に水をちょこっとつけたら、筆に、
それを石につけたら、キャンパスに、変身。
どんな絵を描こうか。

IMG_2200

この大きな石も、姿を現しましたね。
みんな、体をうまく使って登って。
ちょっと高いとこって、気持ちよさそう。

IMG_2202

そろそろはらっぱに行こうか、と出発したら。
冬の間は何もなかったところが、川になってました。
これも、雪どけ水かな。春ですね。
渡れるところを探して、その先へ。

IMG_2210

森の中、まだまだ植物たちは眠っているようでしたが、
早起きの植物は、ちょこちょこと芽を出していましたよ。
かわいい花も、ちらほら。
そんな森を通って、はらっぱまでもうすぐ。

IMG_2211

はらっぱ、到着!
と、同時に…ごろごろごろごろ~。

IMG_2213

転がりたくなる、走りたくなる、そんな場所です。
まだ残っているススキ。
ながーいのを手にして、ススキとススキで、こんにちは。
おしゃべりして、握手して。

IMG_2218

また新しいススキが出てくる、秋も楽しみね。

風が強かったので、森の中に入って、ごはんを食べました。
お腹いっぱいになったら、水芭蕉のところへ出発!

水たまりの道を通りながら…

IMG_2224

また、森の中へ入ります。

水芭蕉は、こちら。

IMG_2225

途中で小川を見つけて、
葉っぱを流したり、木の枝を入れたり、ここでもひとあそび。

IMG_2227

流れる水、川って、見飽きないですね。

そして、まだかな…ちょっと疲れたころに、到着!
木道を歩きながら、水芭蕉のお花を楽しみました。

IMG_2230

ちょっと小さめかな?
途中、何個咲いてるかな?37個! と、こどもたちと話していたのですが、
数えきれないくらい、たくさん咲いていました。

IMG_2229

いい香りも、漂っていましたよ。
木道を3周して、水芭蕉を(そして木道を)たっぷり楽しんだら、 そろそろ帰りの時間です。

最後の絵本は、『やまがあってね(文:小野寺悦子 絵:織茂恭子)』を読みました。

IMG_2235

女の子のごはんの席は、やまが見える特等席。
くっきり見えたり、かすんで見えたり、雲に隠れたり。
でも、いつでもそこにいてくれる、いることを知ってる山。

みんなの中には、泉ヶ岳の山はどんなふうにいるのでしょう。
春夏秋冬、いろんな表情の山があって、楽しいこともちょっとこわいこともある。
でも、大切な場所になっていたら、嬉しいです。

季節は続いているけれど、やっぱり春は新しい気持ちになりますね。
きのこ組もまたこの一年、ちいさな冒険を通して、
いろんな出来事や気持ちに出会う場所にしていきたいと思います。

来月は、春まっさかりになっているかな。
夏が近づいているかな。
1日として同じことはない森を楽しみましょう。

*ねっこ*

○●おまけ●○●

できるかも、できないかも、どきどき。
そんな気持ちのゆれが、伝わってきます。

IMG_2188

この記事へのコメント