今だからこそのもので じっくり遊んで

今日は、森のしょうがっこう。
ひとつの遊びに熱中する時間が、
いつもよりとっても長かった一日でした。
心地よい暖かさ、ゆったりした気候のせいでしょうか。
一週間前の寒さがうそのよう、暖かかったですね。

おはようをして、森に向かいましたが、
みんなが立ち止まったのは、森の手前を流れる小川でした。
最初は、ちょっと入ってみたり、様子をうかがってみたり。
途中から、小川にたまる落ち葉掃除がはじまりました。

IMG_7092

それにしても、いい天気です。
自然と、ご機嫌になりますね。

ちょっとずつ、下流へ移動します。
あ、ここもだ!あ、あそこも!といった感じで。

IMG_7100

使う道具も、木の棒、足、手、それぞれです。

もうこれ以上は進めないかも…
というところまで、地道に地道にやってきました。

IMG_7103

実は、もう少し下まで行ったのですが。
それより先は、深すぎて難しかったです。

となったら、今度は一番上へ。
最初、川の途中からはじめて下へ移動したので、
今度は、行けるところまで行って、そこから下に移動することに。

IMG_7109

ここが、曲者でした。
川幅が広くてなかなか終わりません。
でも、新しい水の通り道ができたら、
「できたよー!」の声。
みんなで確認して、次はこっちだ!と、あっちこっちへ。

午前中は、ずーっと落ち葉掃除をしていました。
ずっと同じことをしていたのは、初めてかも。
掃除していることには変わりはないけれど、
水は常に流れているし、場所は移動するし。
変わらなくても変わらないものがあったからでしょうか。
それより、ただ単に楽しかったからかな。

お昼ごはんは、森に入って、落ち葉をベッドのようにして、
その上にシートを敷いて食べました。
ふっかふかでしたよ。

その後は、ここで遊んで。
まずは、木登り。

IMG_7117

前より、するするっと登れるようになったね。

タイヤの上に乗ったり、

IMG_7118

かくれんぼも、おにごっこもしました。
葉っぱが落ちて、探しやすくなった森の中。

気持ちは葉っぱ、落ち葉に戻って、
そこら中にある落ち葉をかき集めます。

IMG_7122

また、木の棒で、足で、それぞれがやりやすいやり方で。

集まってきたところで、これはバスになることに。
運転手さんの席、お客さんが乗る席、寝られる席もありました。

IMG_7126

なんと、温泉もついていましたよ。
豪華なバスです。

バスを作って、バスに乗って移動して、遊んで。
午後の時間も、そろそろおわりです。
帰り道はいつもと違う道。
森の中を通って行くことに。

落ち葉の道を、ざくざくざく。

IMG_7132

ふわふわで、気持ちよかったです。

しばらく歩くと、川を発見!
これは、午前中に遊んだ川の下流かな?と話をしたら、
ふたたび、落ち葉掃除の気持ちに。

IMG_7136

でも、そろそろさよならの時間も近づいてきたので、
すこし掃除して、絵本の時間に。
今日は、『森のかくれんぼう(作: 末吉 暁子 絵:林 明子)』を読みました。
けいこが迷い込んだ森で出会った、かくれんぼう。
いつものこの森にも、かくれんぼう、いるかなぁ。
動物たちは、今度探してみようね。
雪が降ったら、足あとは見つけられるかな。

帰り道は、大きな水たまりに会いました。

IMG_7139

ざぶざぶ、気持ちいいです。
水たまりをよけるようになるのは、いつ頃なのでしょうね。

駐車場が近づいてきて、
お父さんお母さんを驚かせよう!と、
抜き足、差し足、忍び足…で歩くみんな。

IMG_7143

思っていたのとは違ったけど、ちょっと驚かせることができました。
そして、さよならまたねの後も、ひとしきり遊ぶみんなでした。

今日は、ほとんどの時間、葉っぱで遊んでいました。
秋の森がくれる、最高のおもちゃですね。
そのおもちゃは、掃除するものになったり、バスになったり。
クッションにもなりました。
このおもちゃ、まわりまわってまた、葉っぱになるのでしょうか。
そう思うと、不思議ですね。

来月は、その葉っぱがある地面が、
真っ白な雪になっているかな。
こちらも、変幻自在のおもちゃ。
いつの季節も、森の中はにぎやかです。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

川の中にあるのは、落ち葉だけじゃなかったね。

IMG_7106

この記事へのコメント