元気に歩いて 沼までおさんぽ

今日は、そら組体験会。
週末の雪からまた、おひさまが戻ってきました。
今日は、ゆったり少人数で。
すこし小さな、元気な男の子たちが集合しました。

昨夜は雪がちらついていた多賀城ですが、
朝、おひさまとともに雪はすっかり溶けて。

でも、日陰の草の上にすこし、残っていました。

IMG_7468

冷たかったかな?
ふわふわ気持ちよかったかな?

でもやっぱり、土も好きです。

IMG_7467

モグラのあとかな?
くさっぱらには、ちらほらと土がもっこりまとまっています。

今日は、沼に行ってみたいな~というお母さんの声もあり、
おはようの後は、まっすぐ沼へおさんぽにしました。

IMG_7469

一本道なので、どんどん先へ行きたい子にはぴったりの道。
疲れを知らないのか、いつまでも走っていけそうです。たたたたっと。

途中、まだ緑色の実をつけたアオキを見たり、
水神様のところでちょっと休憩しながら…。

到着!
今日は、白鳥の姿は見えず…
かわりに、ウミネコでしょうか。にぎやかでした。

IMG_7470

もちろん、鴨も優雅に泳いでいましたよ。

近くまで、おりてみましょう。
沼のまわりも色が少なくなって、
なんとなく、沼も広く見えますね。

IMG_7471

水は増えてきたからでしょうか。
春になる前に、もうちょっと増えるはずです。

ウミネコは、人にとっても慣れていますね。
ごはんを食べていたら、気づいたらそこまで、やってきていました。

IMG_7474

でも、私たちのごはんは、私たちで、ごちそうさまでした!

今日は特に、時間がすぎていくのが、あっという間。
沼に着いたら、お昼の時間、
食べ終わったら、帰る時間でした。

 

帰り道、見つけた長い蔓で、電車になって進みました。

IMG_7477

後ろでは、二股に分かれた枝が鹿の角になったり、
お馬さんになったり。

電車は途中、大きな木に連結していました。
それとも、ガソリンか何か入れていたかな?

IMG_7476

こどもたちの思いつき、発想、
何をしているか教えてもらえるときは、
その話を聞いておもしろいですが、
教えてもらえないときは、勝手に想像。それも、楽しいです。

くさっぱらまで戻ってきて、絵本の時間まであとすこしの場所で。
いい切り株を発見。

IMG_7480

なんだか、思い思いに遊んでいました。
それぞれ、自分の遊びを持っていたようです。

帰り道の方がたくさん遊んで、最後の絵本の時間。
今日は、『かぜフーホッホ(文: 三宮 麻由子 絵: 斉藤俊行)』を読みました。
いろんな風が吹く、絵本の中。
これから、強い風がたくさん吹く季節になりますが、
ちょっと耳を澄ますと、いろんな音に聞こえるかな。

風以外にも、空気が澄んだ冬は、いろんな音が聞こえてくる気がします。
今日は、きつつきが木をつつく音。
「コココココン」という音が、何度か聞こえてきました。
葉っぱがないので、よーく目をこらせば、その姿も見つけられそうです。
今度、みんなで探してみましょう~。

今日は、元気な男の子たち。
たっぷり歩いて、たっぷり遊びました。
何より、歩くことが楽しい!感じが、
一緒に歩いていて、とっても楽しかったです。

これからの季節、たくさん歩いて、
暖まりながら過ごせたらと思います。
そして、いろいろなところに行って、
いろいろなもの見つけて、
わくわくできたらいいなと思います。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

木の枝を持って、切り株にとんとん。
太鼓かなぁ。何かなぁ。

IMG_7479

この記事へのコメント