冬の親子キャンプinくりこま ~たっぷり雪あそび*1日目~

冬と春が行ったり来たりの3月。
まだまだ冬の栗駒山へ。
昨日おとといの週末は、キャンプにいってきました。
今回は、雪のくりこまを満喫する、冬のキャンプでした。

まずは、1日目からご紹介します。

雪がほとんど溶けた山道を登って、みなさんがやってきて、
おはようの会をしたら、早速こどもたちは森へ向かいました。

今までの季節とは違って、緑はほとんどなくなって、一面の雪。
見通しがよくなって、どこでも歩けちゃいます。先へ先へ、進みました。

IMG_3684

でも、森の中へ入ってしばらくすると、ぽつぽつと遊びがうまれはじめて。
雪が積もって地面が高くなっているので、
足をかけられる二股の部分も高くなって、木登りも簡単。
登れる木がたくさんありました。

IMG_3691

落ちていた長い木を剣にして、いざ、勝負!!
決着は、なかなかつかなかったようです。

IMG_3701

雪の下から顔を出していた枝。
根っこでしょうか、枝が埋もれてしまったのでしょうか。
ちょっと掘り出して、確認中です。

IMG_3697

森の中を流れる小川は、雪に埋もれていました。
でも、そのおかげで、すべり台ができました。
小川に向かう斜面が、ちょうどよい傾斜。
おしりで、すーっとすべって、気持ちよかったね。

IMG_3718

こどもが森で遊んでいるころ、大人は三角のテント(ティピーテント)を立てて、
その中にイスとテーブルを作ってくれていました。
(主にお父さん。お母さん方は、ゆったりとお茶っこの時間だったそうです。)

お昼は、そのテントで。
お弁当と、暖かいスープと。
テントの中は、風もないので快適です。

IMG_3725

午後は、雪合戦!!
2チームに分かれて、ルールも決めて、盛り上がりましたよ~。

IMG_3731

こどもたちはもちろん、おとなも(おとなの方が、かも?)熱くなりました!
チーム替えもして、計4試合。
限られた数の雪玉を持って、相手陣地にある旗を取るべく、じりじり近づいていって…。
近づいていく、近づいてくるドキドキ、当てたときの嬉しさと、当てられたときの悔しさと。
体も頭も心も、めいっぱい使って動いて、気持ちのよい時間でした。

ひとやすみしたら、夜に向けて、雪の灯篭作りをしました。
バケツを使って、大きな作品を作ったり…

IMG_3743

雪のブロックから、形を掘り出したり…

IMG_3744

周りを装飾したり…

IMG_3745

雪合戦とは違った集中力で、黙々と作りました。
完成は、暗くなってからのお楽しみ。

ここからは、夕食作りです。
今回は、餃子パーティーでした!
みんなで包みます。

IMG_3752

こどもたちも、大好きな餃子でした。
おしゃべりしながら、おいしくな~れ~と包んで。その数200個。
いろんな形の餃子ができました。

IMG_3753

そして、夜。
温泉に入って、お腹いっぱい、ご飯を食べて。
(食べているときの写真が、相変わらずありません…。
餃子、一気になくなりましたよ~。)

おやすみなさいの前に、午後に作った灯篭にキャンドルの明かりを灯しました。
満天の星空の下に、ゆらめくキャンドルの明かり。
みんなで、みんなの作品を見合って、ここでもおしゃべりが弾みました。

IMG_3772

この後、テントに入って、体を動かすゲームをしたり、唄を唄ったり。
最後に絵本『14ひきのさむいふゆ(作:いわむらかずお)』を読みました。

明日は、14ひきもすべっていた、そりすべり。
ゆっくり寝て、明日また、たくさん遊びましょ。
おやすみなさい。

 

…2日目に続きます。

 

*ねっこ*

○●おまけ●○●

餃子は俺に任せろ~。
餃子焼き職人です。

IMG_3764

この記事へのコメント