変幻自在の雪遊び

今日は、森のしょうがっこう。
昨日たっぷり降った雪で、森はすっかり雪化粧でした。
冬のはじめ、雪の降り始めはみんな、
心待ちにしていた雪に目を輝かせて、たっぷり遊びます。

朝、森に到着した途端に、ソリにのります。

IMG_7581

ちょっとだけ、すべりました。
これに乗れるときを、待っていたんだよね。

そして、広いところに着いたら、もちろんソリ遊び!
今日も、すべっては登り、すべっては登り。

IMG_7585

それぞれのコースができてきました。

遊んでいると、「楓の種、見つけた!」という声。
雪の上に、きれいに落ちていました。
他の種よりだいぶ遅れて、木の上から飛んできたかな?

IMG_7586

ソリに熱中しているように見えるけど、
こんなところもしっかり、楽しんでいます。

すべっているうちに、滑り方もいろいろうまれます。
お腹すべり。

IMG_7588

この他にも、いろんな乗り方がうまれました。

ひとしきり遊んだら、ソリは雪玉を載せる道具に変身。
「雪合戦しよう!」ということで、こどもチームと大人チームに分かれます。
雪玉作り中。

IMG_7604

大人チームは準備万端です。

「よーい、はじめ!」の合図で、雪玉が行き交います。
当たったらおわり、と思いきや、雪玉がなくなるまで続きます。

IMG_7605

こどもたち、予想以上に投げるのが上手で、
何度か当てられました…。
(それ以上に、当てましたが!)

雪合戦もたっぷり楽しんだら、今度は雪で創作。
温泉、家、椅子などなど…それぞれ自分の作りたいものに熱中。

IMG_7610

なんだか、小さな村のようになっていました。

こちらの椅子は、座っていると、足元でお団子を焼いてくれます。
焼き立てが食べられる椅子。

IMG_7625

いい椅子ですねぇ。

そして、ここからはごっこ遊びのはじまり。

設定は小学校で、先生と生徒、転校生もいました。
授業をしたり、給食の時間があったり。

体育の時間には、さっき作った大きな雪玉がとび箱になりました。

IMG_7622

本当に大きいものだったので、こどもたちは登るのでやっとです。

ソリの時間もありました。

IMG_7632

ソリすべり、どんどんと上達しています。

遊びに熱中して、お腹がすくのも忘れて、たくさん遊んだ午前中。
そろそろお腹空いたね~と、給食の時間ではなく、
「森のしょうがっこう」のお昼の時間にしました。
お昼ごはんの間も、おしゃべりに花が咲きます。

ごはんを食べ終わったら、
みんなが作ったもの、まだ残っているかなぁ?とお話しながら、
また森へ。

午前中にたっぷり遊んだので、午後の時間は少しでした。

丸い雪玉を作ったり、
もう一度、とび箱に挑戦したり。

IMG_7641

それぞれがそれぞれのことを、熱中していました。

私も、作ってみました。
まるい生きものです。

IMG_7638

みんなから、お褒めの言葉をいただいて、嬉しかったです。

これを見て、「うさぎ作る!」と、できたのはこちら。

IMG_7646

かわいい表情です。
耳が素敵ですね。

きれいな雪玉を作り終わったら、こちらでもとび箱の時間。

IMG_7649

低めだったので、ぴょんと上手に跳んでいました。

日が落ちるのが早くなってきました。
雲も広がり、すこしずつ寒くなってきたら、そろそろさよならまたね、の時間です。

最後の絵本は、『もりのなかのあなのなか(作:大橋慶子 監修:今泉忠明)』を読みました。

IMG_7656

森の中の、いろいろな穴の中。いろいろな動物が棲んでいます。
小さな動物は小さな穴へ。
大きな動物は大きな穴へ。
他の動物に狙われる動物は、
その動物が来れないような高いところの穴へ。
泉ヶ岳の森にある穴も、今度探してみましょうか。

雪の季節は、雪の上のあしあとからも動物を感じられるので、
こちらも今度、探してみましょう。

今日は、たっぷり雪遊び!
遊びがひとつひとつまとまっていて、
しっかり遊んだら、次へ。
またしっかり遊んで、次へ。という一日でした。

雪も、ソリのすべり台になったり、雪玉になったり、
みんなの創作物になったり、変幻自在。
来年ももうすこし、この雪で遊べますね。
今度はどう変化してもらおうか、楽しみです。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

帰り道に発見!
おさんぽわんちゃんのあしあとかな?

IMG_7658

 

 

 

 

この記事へのコメント