季節も雪も 少しずつ変わる中で

今日は、泉ヶ岳でこどもだけの森のようちえん。
雪の質も変わってきて、春を感じられる山へ、
4人のおともだちと一緒に行ってきました。

まず、いつもの古民家へ。
屋根の雪も解け始めて、立派なつららもたくさんできていました。

IMG_3264

背伸びして(私が)取って、触ってみて。
すぐに折れちゃうのですが、手にするだけで嬉しいものです。

IMG_3261

今日は、一日このあたりで過ごしました。
始めはやっぱり、そりすべり。
古民家の横の斜面で、木の間を抜けるコースを作りました。
2人乗りで、すーっとね。

IMG_3271

こちらでは、作ることに熱中。
UFO探知機だそうです。

IMG_3277

すると、向こうから、「お店屋さんやってるよー!」の声が。
「買い物に行きまーす!」と、買い物へでかけました。

IMG_3283

代わりばんこに、お客さんになって行ってきました。
品物は、ゆきだるまだんごと、まるいだんご。
おにぎりもあったかな。

IMG_3289

気づくと、こちらでも雪玉つくり。
小さなものを、器用に作りますよね。

IMG_3296

そんなことをしていると、恐竜現る。です。
ティラノサウルスだそうです。

IMG_3297

逃げろ~。ということで、隠れるふたり。

IMG_3299

こちらも隠れて…いるわけではありません。
雪が降っていると、少し高いところから登れて、いつもより登りやすそうです。

IMG_3301

ずーっと遊び続けて、夢中になって、13時すぎにやっとお昼ご飯。
みんな、お腹いっぱい食べたかな。

IMG_3302

ご飯のあとは、残り少ない遊び時間でした。
お店屋さんだったところを、新しいお家に改装しているそうです。

IMG_3305

午前中たっぷり遊んでいたので、午後は本当に少しだけ、でした。
でも、何やら4人で、これはこうしよう!いや、こういうことでしょ?と
お話しながら遊んでいました。
その、遊びが伸び縮みしながら、よくもわるくも変わっていく感じが、なんともおもしろいです。

最後の絵本は、14ひきシリーズから、『さむいふゆ(作:いわむらかずお)』でした。
この絵本のねずみたちのように、家の中でぬくぬくして、お天気の日には外で思いっきり遊んで。
ずっとそんな日が続いていましたが、
そろそろ、終わりに近づいているのでしょうか。
午前中のぽかぽか陽射しや、雪の水分の多さ、
こどもたちのスキーウェアやスノーブーツの濡れ具合から、そんなことを感じます。

次回のこどもだけの森のようちえんは、一カ月後、3月22日(日)です。
きっと、春があふれているんだろうなぁ。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

そう歩きたくなる気持ち、わからなくもないです。

IMG_3259

この記事へのコメント