準備の時間も 大事な時間

梅雨があまり感じられない…暑い日が続きますね。
この暑さも、夏を感じられて好きなのですが、
雨がもうちょっと降って、梅雨を楽しみたいなぁという気持ちもあります。
(よくばりですね~。)

 

ようちえんも、もうすぐ夏休み。
今度の水曜日から、1カ月のお休みに入ります。
淋しさもありますが、夏休み明けのこどもたちの姿が、楽しみでもあります。

しかし、夏休みの間には、こどもたちだけのキャンプがあります。

1泊2日、家族と分かれて過ごす時間。
ご飯作りも、寝床作りも、自分たちでやります。

いつもは、1日めいっぱい遊ぶ時間。
(もちろんその中に、困ったり、考えたり、怒ったり、泣いたり…。)
キャンプは、生活の時間に焦点を当てて、
いつも家でやっていること、やってもらっていること、
ちょっと挑戦して、自分たちでやってみます。

荷物の準備も、そのひとつ。
先週、ようちえんの時間に、キャンプの話になりました。
そして、何持って行ったらいいかなぁ、と持ち物の話に。

-何がいるかな?

-うーん…ねぶくろ!あ、お椀も!

と言った感じです。

そして、自分の持ち物、自分で確認できるように、話しながらメモを取りました。
そのメモが、こちら。

IMG_7698 IMG_7699

絵と文字で、わかりやすい!
絵だけの子には、説明するから、文字を書いて!と言われました。
これで、何を書いたか忘れても、おうちのひとに読んでもらえば、忘れませんね。

おとながやってしまえば、
あれをやって、これをやって、と言ってやらせれば、
早いし、簡単です。(おとながね。)

でも、こどもたちは、できます。
すこし、待てばいいだけ。
そして、“そのとき”が、こどもたちが“やるぞ”と思ったときが来たら、一緒にやってみる。
やっているところを、そばで見守っている。

そうしたら、こどもたちの前向きな気持ちが、ぐんぐん育っているように感じました。

もちろん、その気持ちを育てることもあります。
でも、大切なのは、その育った気持ちを形にすることかなと思います。

夏休みのキャンプ、どんな食事、どんな寝床、どんな雰囲気になるか…
そして、こどもたちはどんな気持ちで過ごすのか、今から楽しみです。

*ねっこ*

この記事へのコメント