秋のおさんぽ

今日は、多賀城でそら組。
空の色は昨日と似ていましたが、空気は違いました。
風はちょっと冷たいけど、ぽかぽか暖かかったです。
今日は、葉っぱが落ち始めた道を通って、加瀬沼までおさんぽ。
遊びながら歩きながら、加瀬沼に着いたらお昼で、ちょっと遊んだらもう帰るじかん。
今日もあっという間でした。

朝、おはようをして、くるみが落ちている道を通ったら、はらっぱへ。
草たちは元気だけど、夏にくらべると色がちょっと落ち着いています。
夏のぎらぎらから、秋のそよそよに変わってきました。

IMG_6511

心なしか、ちょっと歩きやすいかも。

カマキリを見つけて立ち止まって。
一度立ち止まると、いろいろなものが見えてきます。

IMG_6515

バッタもトンボも、ミミズもいるよね。
葉っぱがにぎやかだと、動く生きものもにぎやかです。

今日は、加瀬沼に行きたい!という意見が。
いいよ、行こう、行こう!という子と、
それは、どこ…?という子と。
じゃあ、行ってみよう!と、出発。

こっちだよ!と言わんばかりに、だっと駆けていって。

IMG_6517

知っている場所、お母さんも近くにいて、安心。
お友だちと一緒に森を歩いて、何を話すのかな。
今のことかな、自分のことかな、前に何か見た話かな~。
お話したい相手がいるのも、嬉しいですね。

森の中も、光の雰囲気が秋になってきました。
加瀬沼への道は、歩きやすくて、
ちょっとそのあたりをのぞくと、おもしろいものもあって。

IMG_6518

今日は、むかごを見つけましたよ。
よくよく見ると、本当にいろいろ隠れています。

途中、水神さまのところでちょっと遊んで、また歩いて。

沼に到着!
早速、ちょっと釣りです。

IMG_6519

水面に映った空がきれいですね。
夏に水面を覆っていた藻も、茶色くなって少なくなってきました。

無事到着したので、お昼ごはん。
沼のそばで、水面を眺めながら食べました。

ごはんの後のひとあそびも、楽しい時間。
まずは、木登り。
うまく、枝と枝の間に入っていますね。

IMG_6520

この樹は初めてだったかな。
まだまだたくさんある、いろんな樹に登ってみたいね。

ちょっとちいさいふたりは、何やらおしゃべり。
ぽかぽかおひさまに包まれて。

IMG_6523

ちょっと遊んだら、もう帰る時間。
もうちょっと、ここで遊びたかったね。

名残惜しいけど、帰り道。
もうすぐここも、落ち葉でふっかふかになるでしょう。
楽しみだね。

IMG_6524

年齢はばらばらなそら組だけれども、
歩く子も抱っこの子も、ちょっと歩く子も、一緒にいて。
こうやっていつも、なんとなく長い列で歩いています。
おもしろいものがあると、ぎゅっと集まったりして。
そんなアメーバみたいな動きが、いいなぁと思います。

はらっぱに戻ったら、最後の絵本の時間。
今日は、『小さな木(作:神沢利子 絵: 高森登志夫)』を読みました。
ちいさなき、お母さんはどこかな?
ちいさなき、赤くなったね。お母さんも赤くなった!

読み終わったあと、絵本のうしろにある大きな木々を
おかあさんの木だね!と指さしていたみんなが、印象的でした。

多賀城の木々も、そろそろ赤くなりそう。
森の中には、たくさんのあかちゃんの樹もあります。
また今度、落ち葉をかき分けながらになるかな、探しに行こうね。

今日は、久しぶりに加瀬沼までおさんぽ!
初めての子もいました。
ここまで歩ける体も、気持ちも大きくなってきましたね。

加瀬沼は、水面が気持ちよく広がっていました。
冬になると、今年も氷が張るかな。
そのころ、また出かけましょう。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

沼のそばでの遊びのおわりころ。
ここを渡らないと帰れないんだけど、ちょっとこわい。
大丈夫だよって、縄跳びを持ってきて、引っ張ってくれました。

IMG_6522

この記事へのコメント