雪があるからできること 見えるもの

今日は、親子で森のようちえん!
雪がたっぷり積もった泉ヶ岳に行ってきました。

午前中は、大人とこどもわかれて。
大人はスノーシューで森をおさんぽ。

こどもは…
まず、あしあとを発見!何かな?キツネかな?
あしあとを追いながら、森の中へ。

IMG_2295

そして、雪といえば、ゆきだるま。
ということで、雪玉をまるめて転がして…

IMG_2303

まだまだ転がして…
ゆきだるま、つくりました!
完成作品は、のちほど。

IMG_2304

冬の森は、葉っぱも落ちて、雪で真っ白な世界なので、
いろんなものを見つけやすいです。

虹の森の活動では何回か登場している蛾のベッドも。
蛾が帰ってくるかもしれない!ということで、そっと、そのままにしておきました。

IMG_2308

あしあと(人間の)の中から、小枝がぴょこんと出ているのも、発見。
下は土じゃないのに、どうして??と。
(雪の下に土があるからね。)

IMG_2310

そして、大人たちと合流!
雪玉を重ねただけのゆきだるまに、一緒に顔をつけました。

RIMG2008

ちょっとまぬけな感じが、かわいいと思います。

IMG_2319

午前中の遊びはここまで。

お昼ごはんを食べたら、そり遊びに出発です。
はらっぱまで歩いて歩いて…

IMG_2320

到着!!
貸し切りでした。
そりのすべりも上々です。

IMG_2326

最初は小さな坂ですべっていましたが、気付けば大きな坂へ。

IMG_2330

すべった後に登るのが大変なのですが、それより、楽しい!でしたね。

IMG_2333

いつもよりちょっと長めに遊びました。

そして最後は、雪のテーブルと椅子で絵本の時間です。

IMG_2350

絵本は、『山のおふろ(作:村上康成)』です。
泉ヶ岳にいる動物たちも、絵本に出てきた動物たちのように、どこかでぬくぬくしているでしょうか。

他の季節にはあまり感じることのできない動物たちの気配。
冬になると、雪の上のあしあとで、とっても近くに感じることができます。
雪あそび、そり遊びはもちろん、動物のあしあと探しも、雪があるからこそできること。
まだ始まったばかりの冬。また、動物たちの気配に、会いにいきたいと思います。

次回の親子で森のようちえんは、1月31日(土)@泉ヶ岳。
引き続き、雪&そりあそびの予定です。
そりの乗ると、みんな笑顔になるので、不思議です。

*ねっこ*

○●おまけ●○●

はらっぱでは、ウサギのあしあとにも出会いましたよ。

IMG_2322

この記事へのコメント