冬のおさんぽは ちょっと足をのばして

今日は、多賀城でそら組でした。
12月も半分をすぎましたね。
どんどん寒くなるかな~と思いきや、今日もそこまで冷えなくて。
ほどよく冬を楽しめました。
メンバーは少なくこじんまりだったので、
初めての場所まで!ちょっと遠くへおさんぽしましたよ。

秋冬によく行く加瀬沼とは反対、はらっぱのほうへ。
夏は木陰を作ってくれて、
秋は目を楽しませてくれた葉っぱたち。
落ちたら足元をにぎやかにしてしてくれています。

IMG_4907.jpg

とってもふわふわ。
色もいろいろで、見ていても楽しいです。

さらに奥へと進んで、草っぱらに立っている柿の木へ。
ちょうどいい枝があったので、柿取りに挑戦。

IMG_4909.jpg

ぶち!っととれました~。
もう熟れていて触ってみると、うにゃうにゃしてるね~って。
渋柿だけど、鳥さんたちはおいしく食べるのかな?

上を見たら、下を見て。
寒い時期でも、土の上で元気に歩いていました。
青かったり茶色かったり、不思議な色の虫たち。

IMG_4910.jpg

一か所に固まっていたのですが。
何かいいものがある場所だったのかな?

とことこと歩き続けて、目指していた場所に到着!

IMG_4912.jpg

昔の人がたくさん歩いていたであろう道。
その先、遠くには電車も車も見えました。
この景色を昔の人が見たら、どう感じるのでしょうね。

車も電車も見慣れている私たちは、
おひさまの光で暖まりながら、のんびりお昼ごはんとしました。

その近くには、こんな素敵な花が。
白い花、見えるでしょうか?

IMG_4913.jpg

椿かな、さざんかかな?
花びらが一枚一枚落ちていたので、さざんかでしょうか。
わからないですが、きれいはきれいでした。ピンクもありましたよ。

今日は、ここで絵本にしました。
読んだのは、『もりのてぶくろ(作:八百板洋子 絵:ナターリア・チャルーシナ)』。
落ち葉にやってきたいろんな動物。
私たちが見た葉っぱや木の実にも、きっと動物たちがきているのでしょうね。
会ってみたいものです。

そんな帰り道は、たくさんのどんぐりを発見。

IMG_4916.jpg

やっぱり、足がとまりますね。
これは、りすさんたちが食べるのかな。

落ちて時間が経ったからか、
外の殻が割れて中から出てきた実は、赤かったり黒かったり。

IMG_4915.jpg

なんでこんな色に変わるんでしょう。不思議です。

そこからすこし歩くと、次はまつぼっくりが落ちていました。
こちらは、しっかりりすさんが食べた跡がありました。
まつぼっくりが、エビフライのようになっているのです。

IMG_4917.jpg

この先は、真っ赤な葉っぱが落ちて、道がとってもきれいな色に変わっていました。

帰り道は、ちょっと疲れたね。
ゆっくり、てくてく歩いて。
こんな道もありました。

IMG_4918.jpg

椿のトンネル。
トンネルの先を思うと、なんだかわくわくしますね。

さらにもう少し歩いて、帰り道もおわり。
今日は、たっぷりおさんぽの日でした。
ひとつの場所であそびがどんどん膨らんでいくのもよいですが、
こんな風にてくてく歩いて、何かな?あれ?って何か見つけて。
着いたね!の瞬間も嬉しいものです。

春から秋までたっぷりあそんで、力もついてきたみんな。
やっぱり、冬はたっぷりおさんぽもいいなと思うこの頃です。
今年のそら組はあと一回!
冬至の日もたっぷりあそびましょ。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

届いたよ!
やりたいことができた!が嬉しい瞬間です。

IMG_4908.jpg

この記事へのコメント