寒さの中の暖かさに うずうず

今日は、多賀城でそら組。
ぽかぽかのおひさまでしたね~。
風はやっぱりまだ冷たかったですが、
おひさまの暖かさは冬のものではなかったように思います。
いきものたちも、そろそろ深い眠りからすこしずつ、
まどろんでくるころでしょうか。

暖かさが増すにつれて、みんなの元気も増すような。
今日も枝を片手にさっそく出発です。

IMG_5841.jpg

たたたっと駆け出すみんな。
体がむずむずしているよう。
たっぷりあそぼうね。

そのまま進んで、沼のほうへ。
この道、ずっと凍っているかも…。
それを表すかのように、とっても冷たい空気で満ちていました。

IMG_5843.jpg

でも、ここまで凍るということは、
雪が踏み固められたということで、
たくさんの方がおさんぽしているのかな?
雪は、そんなことも教えてくれるので、おもしろいです。
(でも、つるつるで大変でした…)

道の奥へと進むと、加瀬沼が見えます。
まだ凍ってるところもありましたよ~。

IMG_5844.jpg

でも、ほぼ一面凍っていたことも考えると、
ちょっとずつあたたかくなっていることを感じますね。

道を横切って水が流れているところ。
ここも、ちょっと前までは水が流れていなかったのにね。
雪がとけたかな?

IMG_5845.jpg

下に落ちている木の枝には、氷がくっついていました。
これも樹氷かしら…。
ちょっと低くなっているところには、
雪やら投げてあそびたくなりますね。今日ももちろん。

暖かいところでごはんを食べようと、道を戻っていると、
お母さんが発見したものは…

IMG_5848.jpg

何かの蛾の繭かな?
この季節に穴も開かずにぶらさがっているということは…
飛び立たずに、長い眠りについてしまったのかも。
他の場所にもありました。
すこし上を向いたら、いつもと違うものが見つかりますね。

そして下の方を向くと、あら、こんなところまで!
ハクチョウがすいすい、泳いでいました。

IMG_5849.jpg

毎年、そしていつもいる一匹かな。

ハクチョウにさよならして、またつるつるの道を通って、
はらっぱに戻ったらお昼ごはん。
おひさまに暖めてもらいながら食べました。

食べ終わるとまたすぐ、うずうず体が動きます。

IMG_5856.jpg

元気なみんなは、見ていると幸せな気分になりますね。

ちょっと遠くまで行っていたともだちを迎えにいきます。

IMG_5857.jpg

この後は前にもあそんだ土管であそんで、
あっという間にさよならまたねの時間となりました。

今日の絵本は、『いのちのカプセル まゆ(著・写真:新開孝)』。
ちょうど見つけたまゆと比べながら、絵本に出てくるいろんなまゆを眺めました。
幼虫から蛹になって蛾になって。
生まれてから死ぬまで、体のつくりに大きな変化がない私たちから見ると、本当に不思議。
でも、違うからこそ、不思議でおもしろいなと思います。
まゆ、また探してみましょう~。

今日は、あっちこっちへ元気なみんな。
寒いつるつるの沼までの道も、なんのその~でした。
みんなのこれがしたい、あれがしたい、って、
なんで?って聞くとなんだか失礼なような気もする、純粋なものなのでしょうか。
(でも知りたくって時々聞いてしまうけど)

まだ、うまれてまもない小さな体の元気なみんな。
そんなみんなの純粋な、やりたい!を存分に楽しめる場所でありたいなと思います。
来週も、めいっぱいあそびましょ~。


そして今日はなんと!外であそんだあとに、
サポーターのまりさんに教えてもらって、ミツロウクリーム作りをしました。
ミツロウ、精油、いろいろ教えてもらいながら、こどもたちも一緒に。

IMG_5864.jpg

あっという間にできて、びっくり。
どんなものを買ったらいいか迷うことも多いけれど、自分で作れると嬉しいですね。
また夏の始めとか、虫よけスプレーも作れたらいいなぁと思いました。
いろんなお話も、またじっくり聞きたいです。
まりさん、ありがとうございました!


*ねっこ*


○●おまけ●○●

しゅーっ!と言いながら、坂をずるずるとすべって。
降りきって立ちあがったら、おしりは…。

IMG_5858.jpg

この記事へのコメント