つよい風と やさしい時間

今日はそら組で多賀城へ。
お盆明け、久しぶりの活動でした。
風が強く吹いていて、気持ち良かったですね。

絵本を読んだら、いつもの森へまっすぐ。
今まではにぎやかに茂っていた緑が、
今日はすこし、爽やかに見えます。

IMG_0005.jpg

地面の湿り具合が、昨日までの雨を物語っていますね。

昨夜からの風は、森の中にたくさんの落とし物を。
ちいさく青いどんぐりがたくさん、足元にありました。
その中で見つけたのは、小さな穴がたくさんの葉っぱ。

IMG_0006.jpg

なんでしょう?
たくさんの虫が一緒に穴を開けて出たかな?
一匹がたくさん開けたかな?
もしかしたら、虫じゃないかも…?想像が膨らみます。

いつもの登り坂、でも、いつもより元気いっぱい。
すたすたと登っていきます。

IMG_0009.jpg

同じ場所でも、日によってお天気の機嫌も、
みんなの機嫌も変わるから、いつもちょっとずつ違って。
ちいさな違いも楽しめる気持ちを持っていたいなぁと思います。

登り切ったところには、なにやらきらきらひかる足あとが!

IMG_0011.jpg

ナメクジですね。
たくさん歩いて、森の中へ消えていっていました。
会うとドキッとしますが、こんな出会いはちょっと愉快です。

さらに進むと、足元をゆっくり歩いているセミを発見。

IMG_0014.jpg

青がきれいなセミでした。
ミンミンゼミかな?
その鳴き声も、たっぷり聞こえました。

森を出たら、はらっぱへも。
同じくおさんぽ中のおじいさんおばあさんにごあいさつして、
ちょっとおしゃべりして、お昼ごはん。

今日も風が通り抜ける場所で。
いつ行っても気持ちのよい、不思議なところです。

ごはんのあと、さらにおさんぽを続けると、
少し前まで茶色の土が広がっていた場所、
今ではきれいなそば畑に。

IMG_0021.jpg

空の青と、そばの白と緑、とっても美しかったです。

足元には、ちいさな花も。

IMG_0020.jpg

みんなの目線だから気づくこともたくさん。
いつも、教えてもらっています。

そして、そろそろさよならまたねの時間。
今日は、『はっぱじゃないよ ぼくがいる(写真・文:姉崎一馬)』を読みました。

IMG_0028.jpg

同じに見える葉っぱたちも、よーく見ると…?

今は木陰を作ってくれている葉っぱ、
これからは、変わる色も楽しみですね。
足元に落ちてきたら、たっぷりあそびましょう。

今日は、強い風とは裏腹に、
お盆明けらしいゆっくりした時間がすぎるそら組でした。
いつもの道もたっぷり歩いて、いつもと違う楽しみだったかな。

どんぐりだけじゃなく、栗もくるみも着々と実をつけていて、
秋の気配もしっかり感じました。
お盆開けたら秋、の言葉通りの涼しさでしたね。

週明けからはまた少し暑くなりそうですが、
ここからは、どんどんと去っていく夏を追いかけながら、
過ごしやすい季節。
めいっぱいあそんでいきましょう~。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

こうして、セミを間近に見ることができると、
すこしずつ、夏も過ぎていっていることを感じます。
夏の始めは、地面から出たばかりのセミたち、
ずっと上のほうを飛んでいるから。

IMG_0017.jpg

この記事へのコメント