森のだいどころ ~夏はやっぱり 流しそうめん~

今日は、森のだいどころ!
最後の暑さになるでしょうか~。
南のほうには台風もあって、
それはもう、ばっちり夏のお天気でした。

暑くてバテてしまいそうでしたが、
こんなお天気にはぴったりのメニュー。
流しそうめんでした。
いつもより調理の時間は短く、
その流す台を作ることに、たくさんの時間を使いました。

とはいえ、あいさつの後は、
いつも通り、たき火と包丁に分かれて。

マッチを擦る瞬間は、いつでもドキドキ。

IMG_0159.jpg

火がついて、びっくり!
思わずすぐ手を離してしまって。
火がついて、心も火も落ち着くのを待って、
そうしてからやっと、削った木のもとへ。
そうやってできるまでに、3回くらいかな。
すこし、コツをつかんだようでした。

包丁も、大人気で。
そうめんと一緒に食べる野菜、サラダにする野菜、
ちょっとずつ、みんなで切っていきました。

IMG_0161.jpg

包丁に向かって、真剣。
みんな、いい顔ですね。

お湯を沸かしている間に、流しそうめんの台の準備!
おととい伐っておいた竹を割っていきます。
これは、流す樋(とい)を支える、三脚になるところ。

IMG_0162.jpg

がんがん!と木で鉈をたたいて。

樋は、お母さんたちの出番。
あとちょっとで割れるかな!

IMG_0165.jpg

太く長い竹だったので…
交代しながらなんとか割りました。
節が割れる音に、ちょっとびっくりしながら。
お疲れさまでした~!

ふたつに割れたら、今度は節を取ります。
そうめんがここにひっかからないように。

IMG_0166.jpg

思ったより簡単に割れるんですね~と、
叩いて取っていたお母さんより。
割った節は、南部せんべいのようだね、と。

材料がそろったら、どこで流そうか!
もちろん、日陰を選んで…。
みんなが並べるように、曲がりながら長くしました。

IMG_0169.jpg

しっかり立てるのは、なかなか難しかったです…。
でも、みんなでああだこうだアイディア出しながら、
たまに倒れて、あー!となりながら、完成!

暑い中、さらに暑いたき火でゆでたそうめん。
いざ、流しまーす!

IMG_0171.jpg

写真では、あまり違いが見えないですが…
たっぷり流して、こどももおとなも、たらふく食べました。
最後は、こどもたちも流すほうに挑戦!
おとなもゆっくり食べました。

ひとやすみしたら、まだまだ元気なみんなと。
デザートのわらび餅作りです。
今日は、片栗粉を使いました。

IMG_0174.jpg

砂糖と水と混ぜて、火にかけて。
また混ぜて。

固まってきたら、火からおろして、
スプーンで一口大にすくって、水のなかへ。

IMG_0175.jpg

丸めて水にいれるのも、もちろん食べるのも、
みんなに大人気でしたね。

そのままでもおいしいですが、今日はきなこをかけて食べました。
ほかにもいろいろアレンジできるので、おすすめです。

簡単ですぐ手に入る素材でできるので、
ぜひおうちでも作ってみてくださいね~。

ということで、今日は暑い夏にぴったりのメニューで、
暑さの中で、ちょっとでも涼しさを感じられたかな。

そして、さよならまたねの前においしかったものを聞いたら、
『ちゅるちゅる』と答えてくれる子が何人かいたのも、嬉しかったです。
『わらび餅』、『(楽しかったのは)バッタとり』と、
ほかにもいろいろ。もちろん、どれも嬉しいです。

流しそうめんは、台を作るのは本当に大変でした!
でも、みんなでこうしたら?ああしたら?と
話しながら作るのは楽しいですね。
完成した嬉しさも大きかったです。

次回、9月からはまた調理がメインになる予定ですが、
こんな森のだいどころの楽しみ方、
これからも探してみたいなと思います。

来月は、20(木)です。
メニューはまた、お知らせします。
次回も、お腹ははらぺこにして、お待ちしていまーす!

*ねっこ*


○●おまけ●○●

どうやったら割れるかしら…。
試行錯誤の連続でした。
鉈の行く先に気をつけつつ、大人数で協力。

IMG_0163.jpg

この記事へのコメント