色と光の森のなか 一緒にいる楽しさと

今日は、太白山でおでかけそら組。
季節がぐんと進んでいました。
葉っぱの色も、太陽の光の加減も、すっかり秋です。
足元は、ふかふか。

IMG_1739.jpg

そして、こどもたちも、また。
先月はみえなかった姿が、くっきり見えて。
今までとは違う楽しさも味わってきました。

おはようと同時に絵本の時間。
木の根っこをベンチに借りて、短い詩をふたつ。

IMG_2816.jpg

ありさん、かえる、かたつむり…
絵本に出てきた生きものたちと、今日は会えるかしら。

出発したら(出発する前から)、
みんなの手には、ちいさな枝がたくさん。

IMG_1741.jpg

みんなの目からみると、一見、何の変哲もない枝にも、
きらりと光るものがあるのでしょうね。

森に入る前に、ひとあそび。
ちいさな壁も、一本の道。

IMG_1742.jpg

落ちるかもしれないどきどきと、
後ろ前にいる友達の嬉しさと、かな。

森へ入ったら、ぐんぐんと進んでいきます。
先へ先へが楽しいね。

IMG_1745.jpg

葉っぱもすこし落ちて、見通しがよくなったからでしょうか。
おとなは早足で追いかけていきました。

森の中は、外から見るのとはまた違うきれいさ。
あっちを見ても、こっちを見ても、
細かな色がそこらじゅうにちりばめられていて。

IMG_1750.jpg

そこに立っているだけで、幸せな気持ちになりましたね。

歩いていると、足元のじゅうたんもちょっとずつ変わります。
黄色、オレンジ、赤…
屋根の葉っぱがふんわりと落ちてきて、
ここにはこんな葉っぱがあったんだなぁと。
下を見ては上を見て、上を見ては下を見て。

じゅうたん作りをちょっとお手伝いも。
細い木をわさわさっと揺らすと、
葉っぱがひらひらと落ちてきて。
こどもたちも、にっこり。やりたい!
ちいさな手で、こそっと揺らしました。
すこしでも、ひらひら落ちてくると嬉しいね。

おさんぽの途中、色とりどりの森の中でお昼ごはん。
おなか空いてたね、静かに黙々と食べたら、すぐに立ち上がって。
さて、次は何してあそぼうね。また、おさんぽへ。

すこし歩くと、きれいな紫の実を見つけました。

IMG_1753.jpg

今まで見つけたのより、ちょっと大きかったね。
オオムラサキシキブかな?と思ったのですが、それより大きそうです。
ヤブムラサキかな?
今度もうすこしじっくり見てみましょう。

登りはのんびり。
でも、こんな道に出たら、ね。

IMG_1758.jpg

歩いて、走って、となりには友達がいて。
なんだか理屈のない楽しさがいいですね。

ひとりが止まると…。

IMG_1759.jpg

理由はないけど、これがいいのかな。

こんなふうに、楽しいおさんぽ。
どんどん進んで、てっぺんのほうは景色もよくて。

下りは、まわりの森の色も楽しみながら。

IMG_1760.jpg

冬の間もそのままの緑もきれいです。
いろんな色のパッチワーク。

この道へ来たら、そうそう、これだったね。
にっこり、できました。

IMG_1763.jpg

にっこり、じゃないようにも見えるかな?
また次回、会おうね。

もうすこし下までおりたら、そろそろさよならまたねの時間です。
今日は、『はっぱじゃないよ ぼくがいる(文・写真:姉崎一馬)』を読みました。
はっぱかな?
はっぱだけど、はっぱだけじゃなかったね。

これからどんどん、葉っぱが近くに感じられる季節。
いつもは高い木の上だけど、これからはたくさんあそぼうね。
そんな葉っぱも、ちょっと見方を変えれば、いろんなものに見えてきます。
どんな風に見ようか。楽しみです。

今日は、いつもあそんでいるみんなも、はじめましてのみんなも、
すぐに距離が縮まって、みんなでわいわいあそびました。
一緒にいることを楽しんで。
今までの季節とは、楽しみ方がちょっと変わったね。
これから寒くなるけど、あそびはさらに広がりそう。
また会うのが楽しみです。

そして、森の季節が変わったことも、驚くほど感じた日でした。
色づいた葉っぱ、差し込む太陽の光、とってもきれいでしたね。
幸せな空気いっぱい、その中でこどもたちとあそべる嬉しさ。
来月はもう冬の景色かもしれないけれど、
それもまた、楽しみにしましょう。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

いろんな葉っぱ、いろんな色。
集めるだけでも、嬉しい気持ち。

IMG_1751.jpg

この記事へのコメント