「きゅっ」と 冬へ

今日は、そら組で多賀城へ。
11月最後の今日は、風が冬の気配を乗せてきてくれました。
始まりの絵本の時間、みんなはお母さんの温かい殻で守られている冬芽のよう。
先に森へ駆けて行ったおともだちと、
雲間から見えかくれするお日さまを追いかけて、さあ出発です。

はらっぱにあるすべり台は、あっちからこっちまで広いすべり台。
大好きなお母さんと並んですべれます。嬉しいね。

IMG_2359.jpg

見つけたクモの巣には大きなしましまのクモ。
「寒くなっても、このままクモの巣にいるのかなあ」
「どこかに行くのかなあ」
「冬眠するんだっけ」

IMG_2356.jpg

観察しながらも、クモの巣に葉っぱをくっつけていたずらしちゃいます。

落ち葉が集まったこんなところ。
かきわけて覗いてみたら…黒いの丸いのにょろにょろの、
たくさんの生き物たちが眠っていました。

IMG_2369.jpg

きゅっと固く丸まっていたダンゴムシももぞもぞ動き出し、
はがされたお布団を探しているようでした。起こしちゃってごめんね。
また、落ち葉のおふとんをかけ直してあげました。

森をぬけてお日さまを追いかけて、
着いたところでは、おともだちがゴロ~ン。

IMG_2385.jpg

温かさをため込んだ落ち葉のじゅうたんが黄金色にきらきら、
みんなのほっぺもお日さまの下できらきら光っていました。

くるんと丸まった落ち葉たち、よく見ると「とんがりコーンみたい!」と発見。
重ねてくっつけてまあるくしたら、すてきなリースになりました。
先に森へ駆けて行ったおともだちが、椿の花を大事に大事に持って、ここでやっとの嬉しい再会。
プレゼントしてくれた椿の花もリースに飾り、
赤や黄色、ピンクで色とりどりになりました。とってもかわいいです。

IMG_2406.jpg

はっぱちぎってぱらぱらぱら。
ふりかけかけたチャーハンのできあがり。
そろそろお腹がすいてきたかな。

IMG_2399.jpg

さてさて、あっという間にお昼ごはんの時間です。
手に持ったおにぎりに、お弁当ひろげたランチマットに、
黄色のはっぱが空から舞い落ちてきます。
思わずにっこりほっこり。

こちらでは、波が立ってます。
落ち葉がたくさんたまっているところを探しながら、
走る場所を微妙にずらしながら何度も何度も行ったり来たり。

IMG_2393.jpg

波を追いかけて、お母さんに追いかけられて、
楽しくて楽しくて笑いが止まりません。

こちらからも止まらない笑い声が。
おとなもこどもも大好きなこの遊び。
「かけてかけて」「かけたいかけたい」
風に乗って、落ち葉も笑い声も舞い上がります。

IMG_2409.jpg

そして、いつの間にか、落ち葉をたくさん持つことが上手になっています。
お母さんにもお布団かけてあげようっと。

終わりの絵本の前にちょっと手遊び。
「やきいもグーチーパー」で、みんなとじゃんけん。
モミジのようなみんなの手がきゅっと握られたり、
ぱっと広がったりして、時には2じゃなくて3だったり。

今日の絵本は『あきいろ おさんぽ(作:村上康成)』を読みました。
帰り道、お日さまがかくれ、風もちょっぴり強くなってきました。
ここはうえを見てもしたを見てもあきいろです。
温かい色に、風の冷たさも一瞬忘れてしまいます。
(でも、また次の瞬間には「うぅぅ、風が冷たい!」)

1543583891493.jpg

11月から12月へ、秋から冬へ。
お日さまの暖かさ、風の冷たさを全身に受け、
木々たちや生き物たちのように、
わたしたちも「きゅっ」と身の締まる冬への準備ができたような一日でした。

△やまちゃん△


○●おまけ●○●

大事に大事に持っていた椿の花
ピンクだったのに、いつの間にか色が変わっちゃったね。

IMG_2430.jpg

この記事へのコメント