寒さがつくるもの

今日は、多賀城でそら組。
先週に続いて、風の強い一日でした。
風がなければおひさまぽかぽかで暖かいのに~
と、思わずにはいられなかったですが、
ちいさなつむじ風が見えると、心が躍りますね。

おはようをしたら、
この冬お気に入りの展望台へ出発。

今日も小川は凍っていました。
夏はたっぷり流れていた水、
もうほとんど流れていないのですね。

IMG_3194.jpg

深いところに溜まっていて、
道になっているところはカラカラに。
でも、だからこそ小川に下りられる楽しさも。

氷を取って、ぱりーん!と割れるかなと思ったけど、
ぼそぼそっと割れました。

IMG_3195.jpg

割った氷を、また水の中へ。
ぽちゃんぽちゃん、と。

これもいいけど、氷を氷の上に投げて、
ぱりーん、からからから~といい音がする、
あれも楽しみたいね。
それには、寒さが必要ですが。

途中で寄り道して、木登りも。
登りやすい木はどれかな?
たくさん、探したようです。

1547794452300.jpg

木は、暖かかったかな?

展望台に着いたら、今日は魚釣り。
展望台から杉の枝を釣り竿にして。

IMG_3200.jpg

魚は、お母さんの手の中の葉っぱ。
みんなの釣り竿に、うまく引き寄せられるでしょうか。

こどもたちは、発見上手。
本当にいろんなものを見つけるのですが、
今日はたくさんの枝から、大きな竹のさきっぽまで。

IMG_3207.jpg

だんだんと盛り上がってきます。

お父さんも一緒に、びしばし!
にぎやかなあそびになりました。

IMG_3210.jpg

体いっぱい、夢中になって、
お昼ごはんの時間も忘れるほど。

最後は、もっと大きなものを見つけて、立つかな?
みんなで知恵を出し合って、手を動かして。

IMG_3213.jpg

結局、ちょっと違う形で立ちましたが、
風が強かったね。
風にあそばれて、風に持っていかれそうでした。

おとなのお腹が空いてきたので、このへんでお昼ごはん。
風が弱いところを探して、おひさまの下で、いただきまーす。

食べたら、もうひとあそび、もう一歩きして、絵本の時間。
今日は、『つめたい あさの おくりもの(文:片山 令子 絵:片山 健)』を読みました。

1547794457370.jpg

朝一番にあそんだ、おくりもの。
冷たくてきらきらしている、氷。
まさに、つめたいあさのおくりもの。
この冬は、これから何度会えるかな。
来週も、あっちこっちで探してみましょ。

帰り道、そんなおくりものを、ここでも発見。

IMG_3215.jpg

お昼すぎまで氷のままでいられるということは、
ここはとっても寒いところなのかな。
なかなか割れませんでした。

今日は、お気に入りの展望台で魚釣りから、
枝を使って体いっぱいあそびました。
12時すぎてもあそんでいるのは、久しぶりだったね。
びゅうびゅう吹く風より、
ぽかぽか降り注ぐおひさまの光が気持ちよかったかな。
お気に入りの場所が、さらにお気に入りになりました。

歩くと見つかる氷も、嬉しい発見でした。
そろそろ加瀬沼も凍る頃でしょうか。
久しぶりにあっちのほうへもあそびに行きたいですね。

季節によって、楽しい場所があちこちにあります。
来週も、楽しみにお待ちしています!

*ねっこ*


○●おまけ●○●

気づいたら、二刀流。

IMG_3202.jpg

この記事へのコメント