ゆっくり歩く楽しみ

今日は、おでかけそら組で太白山自然観察の森へ。
各地で風が吹き荒れていましたが、
ここは、驚くほど穏やか。
あたりを森で囲まれているからでしょうか。
のんびり、おさんぽできました。

おはようして絵本を読んで、森へ。
2月なのに、昨夜は雨でしたね。
しっとりした森の中、苔が生き生きしていました。

ここの森は、冬の間も秋が元気に残っているよう。
葉っぱも、栗のイガも、
ぱりっとしています。

IMG_3537.jpg

そんな葉っぱを持って。
大きい葉っぱの上に、小さな葉っぱ。
フライパンみたいだねと、お母さん。

葉っぱたちがすっかり旅立った木々の枝、
今は小鳥たちがのびのびと。

IMG_3539.jpg

ヤマガラ、というのだそうです。
丸っこい体に茶色のお腹がかわいい。
冬は鳥の姿が見えやすくて、
いつもよりちょっと身近に感じますね。

今日のおさんぽは、みんなのペースでのんびりと。
杉の枝でおそうじしたり、
橋の上を堪能したり、
ちょっと座って休憩したり。

先月、一面氷だった場所に、今日も到着。
のぞいてみると…

IMG_3543.jpg

氷は少なくなっていましたが、
まだしっかり凍っていました。
小さくなっても、ずっしり分厚くて。

でも、おもしろいのは、氷と地面の間。
氷もいいけど、やっぱり水も。

IMG_3541.jpg

すきまに枝を入れて、ぱしゃぱしゃ。

この氷たち、あと何度凍るのでしょう。
来月は、すべて溶けているかな。
水もたくさん流れているでしょうか。
今年の春のはじまりも、楽しみです。

おさんぽ再開。
すこし進むと落ち葉がいっぱい。
栗のイガも、クスサンもありました。

IMG_3544.jpg

ひさしぶりに、落ち葉かさこそ。
くしゅくしゅ、ふわふわ、楽しいね。

水たまりでは、ちゃぷちゃぷ。
ぺちゃぺちゃ、ちゃぽん。

IMG_3546.jpg

ちいさな水たまり、
ぎゅぎゅっとかたまって入ってみました。
水面をゆらしてみたり、じっと見つめてみたり。
葉っぱを入れたり、自分も入って出て。

最後は、じーっと、見つめて。

IMG_3548.jpg

何が見えたかな?
ちいさな水たまりも、
みんなにかかればおもしろさたくさん。

水たまりを出たら、そろそろお昼の時間。
あそんで、ぺこぺこになったお腹、
おいしいごはんをいっぱい食べて。

あっという間に、さよならまたねの時間です。
絵本の時間は、『かぜ フーホッホ(文:三宮 麻由子 絵:斉藤俊行)』を読みました。
特にお昼前からは、まさに、
絵本の中のような音や景色が聞こえたり見えたり。
竹林はにぎやかでした。

今日は、距離にするととっても短かったですが、
その分、その道をじーっくりゆーっくり楽しみましたね。
ゆっくり進む一歩は、おもしろいことをたくさん見つける速さです。
見過ごしそうなことも、ひとつずつのんびりあそんで。
今のうちは、そのペースをたっぷり楽しみましょう~。

今月のおでかけそら組、
次回の県民の森は、28(木)です。
こちらも楽しみにお待ちしています。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

水たまりをのぞきこんでいたら、
あら、見慣れた顔が。

IMG_3547.jpg

この記事へのコメント