転がるあそびと 森に広がる楽しい声

今日は、森のしょうがっこうで泉ヶ岳へ。
雪が風に乗って吹いて舞うようなお天気。
一日にぎやかに走りまわってあそんで、
寒さもへっちゃらでした。

朝一番、向かった先は秘密基地。
先月は野外調理だったので、2カ月ぶりです。
どうなっているかな?

もちろん、雪に埋もれていたわけですが、
立てていた木の枝はすこし残っていて、
雪の下にもなにやらいろいろあるよう。

IMG_3814.jpg

ごそごそ、みんなで雪をどけて、
下に埋まっているものを探しました。
発掘調査みたいだったね。

こちらでは、大きな雪玉を使って何か作るそうです。
最初は、かまくらだったかな?

IMG_3818.jpg

ちょっと離れたところから、
よいしょよいしょと持ってきて。
(昨日のきのこ組で、ちょんまげ屋さんになっていた雪玉でした。)

まずは、雪玉を半分に割っていました。
切り込みを入れて、両側からうーん!と引っ張って。

IMG_3821.jpg

もうちょっとかな?と、また切り込みを深くして。
何度も試しているうちに、ぱかん!割れました。

そして、いろいろあそんでいるうちに、
ベッドのようになっていました。

IMG_3828.jpg

雪玉と一緒に、あそびもころころ転がっていったようです。

発掘チームは、石や枝を次々に掘り出しているうちに、
小さな雪玉を投げっこしてあそぶようになって。
みんなしっかり投げられるので、
雪合戦やってみようか?と、提案。

冬の親子キャンプでは恒例になった雪合戦。
くりこま高原自然学校がやっている小学生だけのキャンプでは、
森の中でワイルド雪合戦もやっています。

今回は独自ルールで、
離れた2か所にスコップを置いて、
これを先に抜いたほうが勝ち!
雪玉が当たったらだめだけど、
自陣のスコップに触ったら復活できます。
雪玉はその場で作って、制限はなし。

それはもう、盛り上がりました!

IMG_3825.jpg

たっぷり走り回ってたくさん笑って、
ちょっと休憩しよう…とみんなが思うまで、何回戦かやりました。

休憩の先には、秘密基地でおうちごっこ。

IMG_3829.jpg

秘密基地のまわりに、それぞれの椅子ができていました。
となりには、お風呂も。
ちょっとずつ、生活が作られていきます。

今日も、そりすべりしましたよ。
すべって登り、何度も何度も。
すべる度に、笑い声が森に広がりました。

IMG_3832.jpg

今日もびゅんびゅんすべれて、
下の下のほうまで行けました。

さて、ここらでお昼ごはん。
にぎやかに食べて、ささっと準備して、またすぐ森へ。

秘密基地をさらに改良です。

IMG_3838.jpg

小枝の壁ができて、雪だるまも加わっていました。
大きいけどかわいらしい雪だるま。
作った人の雰囲気がうつるのかな。

こちらは、かまくらを改良。
横に、壁ができてきました。

IMG_3864.jpg

この頃はみんなが使ったり踏み固めたり、
近くにふわふわの雪がなくなってきて、
そりに集めて、せっせと運んで。

秘密基地のごっこあそびは、
だんだんとチャンバラモードになってきて。

IMG_3862.jpg

発掘したり拾ってきたり、
お気に入りのいろんな枝を持って、
あっちこっちへ。

その合間に、自分で作った椅子に座って、釣りもしました。
素敵な椅子です。

IMG_3861.jpg

何が釣れたか、じーっと見つめているところ。
タコやクジラ、いろんなものが釣れたようです。

午後は、それぞれのあそびが盛り上がっていきました。

そして、そろそろさよならまたねの時間。
今日の絵本は、『鬼といりまめ(作:谷 真介 絵:赤坂 三好)』を読みました。

IMG_3868.jpg

節分に豆をまくようになった由来の話でした。
鬼がすこしかわいそうにも思えるし、
お母さん頭いい!という感想もありました。
同じお話でも、いろんな感じ方があるのは、おもしろいですね。

今日は、今年度の中で一番の雪あそび!
春からずっと続いてきた秘密基地へ、今日も。
雪の中から石や木を発掘したり、近くでかまくらを作ったり。
雪合戦やそりすべり、チャンバラごっこで、体いっぱいあそんだり。

じっと何かに向き合う時間、
わーっと外へ発散する時間、両方ありました。
あそびはころころ転がって、どんどん大きくなって。

さよならまたねの後も、
まだまだあそびの続きのみんなでした。
来月も、あそびを転がしてたくさんあそびましょう~。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

川の水際にできていた氷。
こうもりみたいだねって。

IMG_3809.jpg

この記事へのコメント