備えあれば

いろんなクラスの活動以外の話をすこし。

今日は、野外救急の勉強会の日でした。
県内でガイドや自然体験活動を行っていたり、楽しんでいたりするみなさまと、
月に一回のペースで学び合っています。

野外救急の講習を受講されている方が多いので、
私は教わることが多く、とても勉強になる場です。

今日のフィールドは泉ヶ岳で。
実際にケガなどが起こる場面を想定して、
傷病者と手当てをする役に分かれて、
実際に手当てを行います。

IMG_3978.jpg

手当てをする側は、
毎回どんなことが起こるのかわからないので、どきどき…。
しかし、実際のケガはまさにそうやって起こります。
こうして練習することで、
いざという時に冷静に丁寧に対応できるように、と思います。

また、実際のフィールドで危険だと考えること、
さらにそこで起こりうるケガについても考えました。
普段、こどもたちとあそんでいる場所なので、
いろんな方の意見が聞けて、とても勉強になりました。
改善できるところ、こどもたちと注意すべきところ、
対応していきたいと思います。

自然の中で、もちろん日常生活でも、
ケガをなくして一生を過ごせることはないと思いますが、
それをなるべく減らすこと、
もし起こってしまったら、最小限にとどめること。

そのための準備を日常的に行い、
こどもたちと考えられるところは考え、危険を学びつつも、
安心してたっぷりあそぶことができる環境を
これからもこつこつと整えていきたいと思います!

*ねっこ*


○●おまけの一言●○●

それにしても、雪がとけていました…
もう2週間くらいは辛抱してほしいですね…。

この記事へのコメント