ソーセージ、どうやってできているかな

今日は、畑の特別編、ソーセージ作りでした!
身近な食べ物作ってみようシリーズです。
どうやってできているか、わかるとおもしろいですし、
自分で作れると、一工夫でさらにおいしくなって好きになったり。
いいこと、いろいろだなぁと思います。

おはようしたら、まずソーセージではなく、
おかずから作り始めました。
包丁やピーラーを持って、
みんなで、わいわい。

IMG_3986.jpg

やりたいものはそれぞれあって、
おわったら、次は?なに?
やる気まんまんが嬉しいのでした。

メニューは、サワークラウトとマッシュポテト。
ソーセージなので、ちょっとドイツを意識しました。
それから、(味噌汁じゃなく)スープ。

マッシュポテトのじゃがいもは、
洗って、むいて、切って、ゆでます。

IMG_3981.jpg

土の中から出てきたじゃがいも、
水の中でごしごし洗って、気持ちいいかな?

スープにいれるネギは、ちょっと小さめにね。

IMG_3982.jpg

ひとつひとつ、丁寧に切っていました。

野菜たちを切ってひと段落したら、やっと!ソーセージ!
ひき肉に、塩と砂糖、冷たい水を入れて、こねていきます。

IMG_3987.jpg

やわらかく、粘り気が出てくるそうです。
ぎゅっぎゅっと、おいしくなれ~。

いくらかこねたら、冷蔵庫でちょっとお休みして。
(冷やしながらこねるといいそうなのですが。)

その間に、ゆでたじゃがいもをつぶしましょう。

IMG_3989.jpg

これは、みんなの得意技でしたね。
やわらかくなって、とってもおいしそう。

サワークラウトは、漬物のように
作ってすこししてから食べるのが本場だそうですが、
今日は時間がないので、サワークラウト風のキャベツ。
さっと茹でて、味付けして。

IMG_3995.jpg

酸っぱいのは乳酸菌で、酢は使わないそうなのですが
今日はちょっと使っちゃいました。
スプーンで計っていれるの、楽しいよね。

さて、そろそろソーセージの仕上げにしましょうか。
羊腸は塩漬けされていたので、水の中にちょっと置いて。

IMG_3991.jpg

ぷくぷく膨らんでいるところが不思議…。

ソーセージ用のお肉をしぼり出すものがあるのですが、
(ホイップクリームしぼるようなものです)
そこに羊腸をつけていきます。
ちょっと難しいので、おとなの役目。

みんな、興味深々です。

IMG_3992.jpg

気になるものは、とことん見ちゃおうね。

セット完了したら、しぼり出します。
みんなには、ぎゅぎゅーーっと押してもらって。

IMG_3994.jpg

肉も、ぎゅーぎゅーーっと出てきますよ。

羊腸は、みんなで2メートル。
ちょっとずつ切って、みんなそれぞれやってみました。

IMG_3997.jpg

作業としては単純なのですが、
お肉がきっちり入るように、入りすぎないように、
いろいろコツが必要でした。
でも、形になればOKです。

ねじって、いくつかのソーセージにして、いざ焼きます!

IMG_3999.jpg

いい香り!いい音!なのですが、
ねじったのが戻ってしまいました~。
大きなソーセージの出来上がり。

今日のごはんは、こんな感じ。
いただきまーす!

IMG_4003.jpg

おにぎりはお家から持ってきて。
パンもよかったね~なんて話ながら。

ソーセージは、それぞれコショウやローズマリー、タイムなどなどを入れたので、
それぞれのいい香りがありました。
おかずもとってもおいしくて!
お野菜もりもり、おかわりすることも。
おうちでもぜひ、作ってみてね。

ということで、今日はソーセージと
ドイツを感じるおかずでお昼ごはんでした。

普段から食べ慣れているからか、
みんなの作りたい気持ちもたっぷり。
もうすこし大きくなったら、
どんなもので作られているかもわかったら、おもしろいかな。

食べ物にはそれぞれ作っている人がいて、
いろんな人や手間があって、私たちのもとに。
そんなことをちょっと考えてみるおもしろさと、
自分で作ったものを食べる嬉しさやおいしさと。
そんな一日になっていたら嬉しいです。

ちょっとコツが必要、
完璧にはできないなぁ、というのも、
おもしろさのひとつですね。
また機会をみて、いろいろ作ってみましょう。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

片付けに、掃除機かけて。
モップもしました。
はたらきもののみんなです。

IMG_4004.jpg

この記事へのコメント