雪と川と 夢中の時間

今日は、きのこ組で泉ヶ岳へ。
もう、春を探せちゃうくらい雪がとけましたね。
でも、まだまだ雪あそび!
そして、途中から川も仲間に加わって、
水と水が変化したもので、めいっぱいあそびました。

おはようして出発したら、まだつららが下がる古民家へ。
一番長いのを探して…ジャンプ!

IMG_4048.jpg

届きませんでした…が、この後に枝を持ってきて、
腕を伸ばしたら届きましたよ。
陽当たりのよい反対側は、雪もつららもないけれど、
日陰のこちら側はまだ楽しめます。

ソリすべりしたこのあたりも、だいぶ地面が見えてきました。
この時期の雪は、昼にとけて夜に凍っているのかな。
はじっこのほうは氷になっていました。

それを小さく割って…

IMG_4052.jpg

ソリに入れて運びます。

到着したら、枝でごんごん!
割っていくのです。

IMG_4053.jpg

割れるときは気持ちいいよね。
運んで割ってをくりかえし。

この季節の雪は、お絵描きも楽しいですよ。

IMG_4051.jpg

まだ真っ白のところを探しては、
描いて、消されて、こちらもくりかえし。

しばらくあそんだら、今日は川にも行ってみよう!と。
ここも雪がとけて、水面まで近づけるようになっていました。

使っていた木をきれいにしているんですって。

IMG_4056.jpg

仕上げは雪で磨くようです。

洗いおわったら、あっちへ行ってみよう!と、川の反対側へ。
今日は長靴じゃないから入れないねって、
石を橋にして渡ることにしました。

IMG_4062.jpg

それを前にして、ちょっとの間、
行けるかな?って考える時間がいいなぁと思います。

かけたら雪がとけるかな?と始まった水あつめ。
久しぶりの光景ですね。

IMG_4067.jpg

水は、夏よりとっても冷たいです。
量は少なめ。だから、集めるのもちょっと難しい。

除雪で集まった雪山、いつもあそぶ雪とは違って、
急にやわらかかったり、氷になって硬かったり。
ごりごり、みんなで掘ってみました。

IMG_4073.jpg

今日は、木の枝が大活躍です。

その中の一か所は、どんどん掘れて、
下を流れる川が見えるまでになりました。

IMG_4081.jpg

掘った先が見える、というのはおもしろいですね。
土を掘っても、なかなかないです。

まだ雪が敷き詰められているところでは、ごろん。

IMG_4083.jpg

雪があるからやりたくなること。
気持ちいいこと、みんな知っていますね。

川べりでたっぷりあそんで、もうお昼過ぎ。
ちょっと遅いごはん、みんなたっぷり食べました。

もう一度外にでたら、さっきとは違う場所だけど、また川へ。

ここは、ほかの季節にもちょこちょこ来ていましたね。
楽しい飛び石。

IMG_4108.jpg

ひとつに下りると、全部回りたくなるのです。
ここが橋になって、
雪があるほうとないほう、いったりきたり。

雪があるところでは、今度は削りました。
ここでも木の枝が大活躍。

IMG_4109.jpg

何かを作る楽しさでもあるのですが、
ただ削ったり掘ったりが楽しい、ということでもある気がします。
それをやっていること自体が、楽しい。

そんな午後の時間もあっという間にすぎて、
さよならまたねの前の絵本の時間。
今日は、『ふゆのおくりもの(作:稲田務)』を読みました。

IMG_4118.jpg

冬の雪をふり返るようなこの絵本。
今の季節にぴったり。
きりりと寒い時のさらさらの雪から、
すこし暖かくなって、やわらかくくっつきやすい雪へ。
今は、とけてかたまって氷のような雪や、
ざらざらの雪になりました。
なんて、言葉にしちゃうとちょっと味気ないかな。

今日の雪は今日の雪として、たっぷりあそんだ一日でした。
お気に入りの木の枝を使って、がりがり削って掘って。
形が変わるおもしろさ。

この季節の雪とあそぶ川もおもしろかったね。
雪を川に投げて、流しながらとかしたり、
大きな雪と氷のかたまりを入れておいて、気づいたらなくなっていたり。

今の季節のおもしろさを、たくさん知っているみんな。
夢中になってあそんだ一日でした。

雪がなくなってきて淋しいですが、
雪の下からぺったんこになった落ち葉が出てきて、
木の芽はどんどん膨らんで来ました。
次は春さがしを楽しみにしましょうか。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

よいしょっと座って、

IMG_4092.jpg

ぐらぐら、ゆれてあそんでいたら、おっとっと。

IMG_4094.jpg

ころりん!

IMG_4091.jpg

起き上がったら、ふふふ、もう一回!
なのでした。

この記事へのコメント