ちいさな顔をのぞかせて

今日は、おでかけそら組で県民の森へ。
昨日の雨と風が残していったもの、いろいろ。
春のおとずれを告げるものも、いろいろ。
暖かいとき、寒いときもあって、
なんだか、ちょこちょことにぎやかな森です。

いつも通り、絵本を読んで出発!
歩き慣れた道を行きました。

IMG_4273.jpg

この溝がお気に入り。
葉っぱがつまっているところも、歩いてみましたよ。
(そうしたら、長靴の中に葉っぱがいっぱい。)

2週間前にも見つけた、藤の種。
今日もたくさん落ちていました。

IMG_4275.jpg

このまんまるが、何度見てもかわいいのです。
莢も落ちていて、そらまめくんのベッドみたいだねって、
種をならべてみました。
近くには、ホオノキの実も落ちていて、
右手にしっかりにぎられていますね。

下り坂、さがってさがって、いいもの見つけました。

IMG_4276.jpg

ながーい枝。
後ろに持って、前に持って、
体の上を行ったり来たり。
体と枝だけで、楽しい気持ちが溢れます。

そして、ここにも。
見つけたら、避けては通れないです。

IMG_4277.jpg

ぴちゃぴちゃ、ぐちょぐちょ。
楽しいのは、その感触かな。
水に出会えて嬉しいかな。
その全部かな。

その後、小川にも出かけて。
ここの小川は底が土やら砂やら。
足をとられて、着替えなくっちゃ~という時。
近くに、すみれが咲いていました。

IMG_4278.jpg

アオイスミレ、というそうです。
この姿を見れただけで、嬉しくなります。
これから、たくさん見つけられるようになるかな。

体をどんどん動かしたいみんなは、
すこし先で体いっぱいあそんでいて。
合流したら、お昼ごはん。
ちょっと広いところで、
たまに出てくるおひさまを浴びながらいただきました。

帰り道は、いつもの階段ではなく、
その隣のアスレチックルートに初挑戦。

IMG_4283.jpg

小さなみんなは階段のほうがいいかなぁと思ったのですが、
アスレチックに行きます!ということで、みんなで。
途中、お手伝いが必要だったお母さん、お疲れさまでした。
(でも、行ってみたらアスレチックは始めだけで、
  あとは木の根っこがにぎやかな登り坂でした。)

登り切ったところ、絵本の時間の前にまた発見。
ぱしゃぱしゃ。

IMG_4289.jpg

ここでは、長靴を洗ったり、
その飛び散る水を楽しんだり。
楽しみ方はいろいろです。

そろそろさよならまたねの時間。
その前の絵本、今日は『葉っぱのあかちゃん(写真・文: 平野隆久)』を読みました。

IMG_4290.jpg

枝の先の芽から、ちょこっと顔を出す、葉っぱのあかちゃん。
いろんな木があって、いろんな葉っぱがあるように、
葉っぱのあかちゃんもいろいろ。

今日も、見つけていました。
これはノイバラの赤ちゃん。

IMG_4284.jpg

これから葉っぱを広げるぞ~
と、元気がいっぱいつまっているかな。
その元気が開くときが楽しみです。

今日は、春を待つ森のおさんぽ。
そこここに、あ、もうすぐやってくるんだ、
という合図のようなものがいっぱいありました。

みんなも、合図に応えるかのように、
あたたかな元気があったように思います。
もちろん、いつも通りのあそびも。

季節が変わっても変わらないもの、
季節と一緒に変わるもの。
両方、変わるからこそのおもしろさですね。

森の中にはすこしずつ色がついてきて、
来月には景色がだいぶにぎやかになるかな。

新しい季節と一緒に、新しい仲間も加わって。
いつものみんなもすこしずつ変わっていって。
楽しみはまだまだ、尽きないです。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

水たまりとお話しているよう。
楽しいこと、教えてもらってたかな。

IMG_4296.jpg

この記事へのコメント