春は色濃くて 冬のあしあとも

今日は、きのこ組で泉ヶ岳へ。
雪はすっかりとけていました。
春本番!の暖かさはまだでしたが、
冬は静かに静かに、なっているよう。
でも、冬の足あとがあちこちにありました。

おはようして、どこ行く?なにする?
川かな、木登りかな?
相談して、ちょっと春を探しに行くことに。

IMG_4385.jpg

どんぐり見つけた!
…それは秋じゃない?
なんて会話も。

春を探しながら川に着いて、
はじまったのは、釣りでした。

54236703_1513417955455881_3238302545436737536_n.jpg

木が釣れていたかな?
前にあそんだコーヒー屋さんもやりたいね~って、
雪解けで見えてきた森に、あそびも顔を出しました。

こちらは、おままごと。
大きくて平らな岩の上が台所になりました。

IMG_4398.jpg

カラマツ、どんぐりの帽子、葉っぱ、
ここにも、雪解けから顔をだしたものがたくさん。

久しぶりでなんだか嬉しいです。
笹の葉っぱも、雪の下でしわくちゃになっていましたが、
うーんと伸びをして、まっすぐになってきたかな。

IMG_4403.jpg

そんな笹の葉っぱで作ったのは、笹舟とキャンディー。
ほかにもいろいろ作れそうです。

せっかく舟を作ったので、川に流しに。
そっと水面に置いて、見送って。
追いかけました。

53745032_2232662216798338_5603628446518345728_n.jpg

川の流れにもみくちゃにされたり、
ひっかかったりしながら、どんどんと流れていきます。
しばらく行ったところで見失ってしまって、
どこかに引っかかっていたかな。
滝のようなところで、下のほうに潜ってしまったかな。
短い、楽しい旅でした。

ここらで一息。お昼ごはん。
みんなの希望もあって、外で食べました。

IMG_4408.jpg

おひさまが当たって、風の吹かないところを探して。
寒くないか心配だったのですが、
食べている間は、おひさまぽかぽか風も静かで、気持ち良かったです。

ごちそうさま!して、すぐにあそべるのが、
外で食べるよさのひとつ。
まずは木登りから~。

IMG_4413.jpg

登るにちょうどいい木を見つけると嬉しいですね。
いろんな木を登って、ちょっとずつ上達してきました。

このあたりでもうすこしあそんで、
今日は久しぶりのはらっぱまで行きました。
雪がなくなって、歩きやすくなった森。
でも、まだ雪が残っているところも。

IMG_4419.jpg

でも、今年はすこししかあそべなかったので、
まだあるのか~と思うと、なんだか嬉しいですね。
できるだけ、雪の上を歩いたりして。

はらっぱまでの道中、
おままごとは少し日常を離れたごっこあそびに変わって。
歩きながらも、会話をとっても楽しんでいました。

IMG_4423.jpg

ふたりでその見えない世界を共有して作って。
つないだ手が、世界をつなげているよう。

ここを登ればはらっぱ!
というところまで雪がたくさんでした。
この景色は始めてだったかな。

IMG_4429.jpg

あとすこしだね!と、
登り切ったときの、やったね!の気持ちは、
何回来ても味わえるみたいです。

はらっぱでは、みんなの世界がさらに広がりました。

IMG_4438.jpg

すすきの穂はすっかりなくなって、
もしゃもしゃに茂っていた足元の葉っぱもなくて、
まわりの森の木々も葉っぱが落ちて…茶色の世界でした。
みんなのはらっぱの景色に、新しい景色が仲間入り。

はらっぱでひとあそびして、今日はここで絵本の時間。
『心にパシャッ!(作:結城昌子 絵:いわさきちひろ)』を読みました。
春夏秋冬のいろんな思い出。
みんなの心の中には、どんな景色やあそび、感覚が残っているかな。

帰り道は、ちょっと急ぎ足。
こんな風にたたたっと帰れるまでになったね。
途中、雪解けの水かな、
見慣れないちいさな川ができていました。

今日は、雪からすっかり顔を出した森で、
久しぶり!のあそびと、みんな集まるあそびも。
なかなか見れない今の時期のはらっぱにも行って、
新しい景色にも会いました。
よく行く場所だからこそ、
同じ楽しさ、違う楽しさ、両方味わって楽しみたいですね。

今年度のきのこ組は今日が最後の活動日でした。
言葉通り、晴れても雨でも、全力全開であそんで。
はらっぱ、川、三角山、いろんなところにも行きました。

2年目、3年目の子もいたので、
こどもたち同士のやりとりもたくさんあった一年でした。
きのこ組から森のしょうがっこうへ進級する子もいますが、
これからも、その時その時の森を、たーっぷり楽しみましょう。
今年も一年間、ありがとうございました!

*ねっこ*


○●おまけ●○●

見つけた、ちいさな春。
秋から冬を越えたちいさな器に。

IMG_4386.jpg

この記事へのコメント