雨音 雨粒 水たまり

今日は、きのこ組で泉ヶ岳へ。
全国的にお天気が心配されていましたが、
泉ヶ岳は、時折ざぁぁっと降りつつも、
風は吹かず雨降りな一日でした。

はじまりは、やっぱり川から。
滝のように流れ落ちているところがあるので、
それを見るとぐぐぐっと行きたい気持ちが引き寄せられるよう。

IMG_7042.jpg

ちょうどよく、置いたのかな?
大きな石から石へ、ぐるぐる回って。

葉っぱを浮かべて流したり、入ってみたり、
なにというわけでもなく、ただ川の流れを眺めたり。

それからちょっと道へ戻って、
朝見つけたいい枝!また見つけた~。

IMG_7045.jpg

これで、がおー!!って、やってました。
なにかな、恐竜だったかな~。

ふと歩き出すと、ちょっとした草地に、
ぴょんぴょんとあちこちで跳ぶ姿を見つけて。

IMG_7054.jpg

ちいさなちいさなバッタでした。
色が違うバッタもいて、女の子かな?って。
すこし大きいのもいたり、さらに大きいのもいたり。
雨でも虫に会えて、なんだか嬉しい気持ち。

泉ヶ岳にも、黒く光るいいものは木になっているかしらと、森へ。
早速見つけました!

IMG_7056.jpg

桑の実です。
木が大きくて、なかなか届きませんでしたが…。

ここでも、バッタを発見!
あれ?食べてる…?

IMG_7061.jpg

食べている…ようにしか見えなかったです。
いろんな生きものたちが、桑の実を食べに来るんでしょうか。
私たちも食べたいね~と言いつつ、まだ赤いものばっかりでした。

そして、ここからはちょっと内緒話ですが、
森のしょうがっこうのみんなが作っている秘密基地に、
こそっと行ってきました。

190615_6.jpg

でも、何もないじゃん~!と。
確かに…あれ、先月けっこうお店屋さんがにぎやかだったのに。
(ちょっといたずらして、さらにきれいにしちゃいました。)

すっきりしたその場所に、水たまり。
始めはまつぼっくりを蹴っ飛ばしていたのですが、
だんだんと水を蹴っ飛ばし。どこまで飛ばせるかな。

IMG_7067.jpg

なかなか難しく、なかなか楽しかったね。
これは、地面が平らなところのお楽しみ。

と、ここでお腹が空いてきて、お昼ごはん。
濡れたカッパと体をちょっと乾かして。
ぺろりとお弁当をたいらげて、また、森へ~。

午前の続きあたりから歩き始めて。
一本橋、見つけた。

IMG_7070.jpg

落ちずに渡れるか…?
この下は川で、ワニがいるんだそう。どきどき。
(しかし、こういう時必ずと言っていいほど、ワニが登場しますね。)

無事に渡れたら、ちょっと森の中へ。

IMG_7075.jpg

でも、ぐるっと回ってまた元の道に戻る道。
それもおもしろいよね。
あれ、なんだ、ここか~って。

すこし下り坂になっているところは、水の道ができていました。

IMG_7076.jpg

その道を、ずんずん進んで。
ずんずん、ずんずん。

着いたのは、最近よく来るこの川。
今日は、水がちょっとにごっていました。
水も増えていたかな。

IMG_7080.jpg

そして、今日も今日とて。
葉っぱを一枚、葉っぱを何枚か、
笹舟にしたり、ゆかいな舟にしたり。
たーっぷりあそびました。

帰り道は、また森を抜けて。
草たちは雨をうけて、ぐんぐん伸びているよう。
緑が元気でした。

さよならまたねの前に、絵本は
『あまがえる、のはらへ(文:澤口 たまみ 絵:磯部 光太郎)』を読みました。
私たちも出会った今日のカエルは、大人のカエルだったかな。
卵からおたまじゃくし、どんな風に大きくなってきたのでしょう。
雨でもいろんな生きものに会えて、嬉しい雨の日。

久しぶりに、一日しっかり雨降りの今日。
このお天気に、すべていつも通り!というわけにはいかないですが、
カッパに当たる雨の音を聴いたり感じたり、
葉っぱの屋根にたまった雨を落として、大雨にしてみたり。
たまった水の中を歩いたり、飛ばしたり。
雨の日の楽しみを、満喫できたかしら。

川でたっぷりあそぶ、晴れの日と変わらない時間も。
お天気につながるあそびもあるけれど、
みんなの中では、「雨が降っている」というだけなのかも。
と、いつも思います。

濡れたりすべったり、困ることはあるけれど、
雨が降っていることは、ただそれだけ。
どんなお天気も、いいお天気ですね。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

よいしょ!っと。

IMG_7078.jpg

この記事へのコメント