季節の音に 天気の音は

今日は、多賀城でそら組。
お盆が明けてすぐ、台風も遠くで元気な中でしたが、
風と雨が強くなったのは、お昼すぎ。
いつもの森を一周、おさんぽでした。
人数がのんびりだと、歩みも自然とのんびりになりますね。

絵本を読んで、出発。
森へ入る前から、あちこちにセミの抜け殻が。
小さいのも見つけました。
ツクツクホウシかな。ヒグラシかな。

森に入ると、さっぱりした地面のあちこちに、ちいさな穴。

IMG_8644.jpg

思わず、セミかな…?と思いましたが、
実際のところ、どうなんでしょう。

そんな穴の近くで、虫とおいかけっこ。

IMG_8645.jpg

つかまえられそうで…なかなか届かなくって。
アリじゃなかったけど、なんだったかな。
ちいさなカミキリムシにも見えました。
虫がにぎやかな季節です。

すこし進むと、また。
今度はミミズさんにこんにちは。

IMG_8646.jpg

伸びて縮んで、どんどん進んで。
どこに行くのかな?

道の先まで来たところで、しっかり雨が降り始めて。
森の中はあまり降ってこないけれど、
みんなでいそいそとカッパを着て。

緑でたくさんになったこの道へ。

IMG_8648.jpg

でも、晴れの日に比べたら、ちょっと静かな緑でした。
ただ、雨が降っているところは葉っぱがつやつや光っていたね。

中には、こんな風に虫に食べられている葉っぱも。
真ん中よりちょっと右寄りの大きな葉っぱ、見えるかな。
迷路みたいです。

IMG_8649.jpg

すっかり食べられて、葉脈だけになっている葉っぱも。
このへんには毎年あります。
はらぺこなイモムシがたくさんいるのかな。

今日は、あ、これなんだろう~。
が、たくさんありましたね。

坂を登ったところで、ひとやすみ。
ベンチの下には、何やら白いかたまりが。

IMG_8655.jpg

きのこ、菌の仲間かな…?
木の枝でつついてみたら、せっけんみたい!ですって。

発見は、意外ととっても近くにも。
どこからか落っこちてきたかな。
リュックに、ナナフシのこども。

IMG_8656.jpg

まだちいさくて、きょろきょろ、かわいかったね。
木の近くでさよならしました。
すくすく大きくなりますように。

森を出て、木々の間のあずまやへ。
そろそろお昼ごはんにしましょ。

途中、くるみがたっくさん落ちていて。
昨日の風で落ちちゃったかな。
足で、よいしょ!踏んで実を出してみました。

IMG_8661.jpg

緑の中は、まだ白っぽい茶色だったね。
焦げ茶の中は、そろそろいいかなという茶色。
でも、一番いい季節にはもうすこしかな。

今日は、木々に囲まれた東屋でお昼ごはん。
すこしずつ風と雨が強くなってくるのを見ながら。
遠くの台風を感じるお天気でした。

食べ終わったら、絵本の時間。
『かぜ フーホッホ(文:三宮麻由子 絵:斉藤俊行)』を読みました。
今日は、風もあるけど雨もあるから、
ちょっと違う音もまざっていたね。

さよならまたねの前に、そんな音を感じる時間。

IMG_8670.jpg

屋根から落ちてくる水滴を頭で受けながら。
なんでも、バイクが走ってくるときの音、がするそうです。
このあと、体(背中)でも雨を受け止めてみました。
雨の楽しみ、いろいろです。

今日は、お天気をちょっと気にしながら、
でも、のんびりな雨の日になりました。

いきもの、命にぎやかな夏の森。
今日はいろんな虫たちに会いましたが、
これからどんどんと静かになっていくのかなと、次の季節を思いつつ、
雨が降っても鳴き続けるセミの声に、なんだか嬉しくなりながら。

花も、すこしずつ変わってきましたね~。
葉っぱもなんだか、ちょっと色が薄くなってきた気がしますが、
おひさま出たらまた違うかな。

お盆明けて、すこしずつ季節変わるころ。
これから秋になるまで、行ったり来たりの季節が楽しみですね。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

花のまわりには香りがただよって。
クサギかな。なんでしょ。

IMG_8647.jpg

この記事へのコメント