森のだいどころ ~夏はやっぱり流しそうめん!~

今日は、森のだいどころ。
サスティナライフ森の家さんのふんわり広場をお借りして。

8月、夏といえばやっぱり…
流しそうめん~!ということで、
でも、なかなか涼しい一日。
でしたが、おいしく夏を感じられました。

今日は、まずはみんなで野菜切りから。
そうめんと一緒に食べたいもの、
そうめんと一緒に流したいものを。

RIMG0447.jpg

今日の切り方は、どんな形だったら流れるかな?
ということを考えられて切られました。
おもしろいでしょ。

野菜が切れたら、次は火おこし!
木をちいさく細くしていくところ。

RIMG0450.jpg

とても優しい叩き方でしたが、
すこしずつ…ちょっとずつ…
最後には、ぱっかり割れました。

さらにちいさく削った木と一緒に組み立てて、いざマッチを。
どきどきしながら、お母さんと擦って。
火がついてびっくりして置いちゃったけど、
木に近づけたら、つきました。
すこしずつ大きくなってくる火を見ていると、嬉しいね。

薪をたくさんくべて、たき火を大きくして一安心したら。
今度は流しそうめんの台を作りに、竹伐りです。

今日は、裏の竹を一本いただきました。
みんなで交代しながら、ぎーこぎこ、のこぎりひいて。

RIMG0455.jpg

横向きにきっていくのはなかなか難しかったね。
今日はまずやってみて、
また次にやる時は、ちょっと変わっているはず。
(今度は竹で何か作りたいなぁと思いながら)

たおせたら、今度はちょっと短く切っていきます。

RIMG0460.jpg

こっちの方が切りやすかったかな。
もうすこし、もうすこし、とつぶやきながら、
ぎこぎこ手を動かしました。

その間に、つゆの準備を。
しょうゆとみりんと、みんなで味付け。

RIMG0461.jpg

味見してみると、
うーん、なんかちょっと弱いな~。とのこと。
しょうゆが足りなかったかなぁ。
ちょっと足して、また味見してみて。

さて、竹がすこし短く切れたら、それを二つに割っていきます。
今度は鉈を使って、こーん!こーん!と。

RIMG0464.jpg

節が割れる時の音にびっくりしながら、
割れた!やったね!と思いながら。

ふたつにぱっくり割れたら、
節をとんかちで取っていきます。
かっこいい手つきでした。

RIMG0469.jpg

きれいに取らないとそうめんが引っかかってしまうのですが、
引っかかった方が取りやすくていいか~と、
ほどよく取りました。

そして、うまいこと竹を3本つなげて…
いただきまーす!

RIMG0476.jpg

みんな、しっかり右側に立って(右利きだから)、
なかなか上手につかまえていました。

トマト流して詰まったり、
きゅうり流して詰まったり、
枝豆の豆だけ流して流れたり、
そうめん以外も流して楽しみ味わいました。

具は、ほかにもナス、油揚げ、茗荷にシソ。
みんなの味付けのつゆでおいしくいただきました!
おかずにゆでたとうもろこしも、みんなのお腹の中へ。
おいしかったね。

でも、今日もデザートもいただきます。
そうめんに続いて、夏といえば!の、わらびもち。

RIMG0492.jpg

今日は、片栗粉で作りました。
砂糖と水とまぜて、火にかけて。
かたまったら、スプーンですくって水にいれて。
きなこと黒蜜かけて、いただきました~。
これも、おいしかったね~。

今日は、夏の暑さを楽しみ味わうひんやりメニュー。
調理よりも道具にたっぷり時間をかけましたが、
これも、昔の人が考えた暑さの楽しみ方かしら。

竹を伐るところからやってみると、これまたおもしろいです。
竹はほかにも、竹ぽっくり、水でっぼう、竹馬…
いろいろなあそびもできるので、いつかみんなと作りたいなと思っています。
中が空洞だから、みんなも根気よくやれば伐ることもできますし。

みんながおいしかった!と言っていたものは、
そうめん、とうもろこし、わらびもち。今日もいろいろ。
みんなにとって心に残るものは、いろいろ。
でも、つくる楽しみ、食べる楽しみが、
その底の方に静かにしっかり流れていたら嬉しいなと思います。

来月の森のだいどころは、9月18日(水)。
秋といえば!の芋煮をします。
お楽しみに~。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

小さな薪を小さな手でくべて。
たき火、たくさんあそびましょ。

RIMG0487.jpg

この記事へのコメント