一歩進んで こんにちは また一歩進んで またこんにちは

今日は、おでかけそら組で県民の森へ。
雨と晴れがいったりきたりのこの頃。
秋と夏がいったりきたりのようですが、
今日は、セミが元気いっぱい、大合唱。
夏の空気が強い森で、あっちこっちで立ち止まりながら、
のんびりおさんぽな一日でした。

おはようして絵本を読んで、いつもの道へ出発!
最初に見つけたのは、木の上。見えるかな?

RIMG0523.jpg

どんぐりの赤ちゃん。
大きなどんぐりは、赤ちゃんも大きかったね。

マテバシイという名前のどんぐり。
ここらじゃめずらしいかな。

RIMG0524.jpg

このドングリは、わりとおいしいそうです。
(どれも食べられるそうですが、渋抜きするのが大変だそうで、
 私はまだ食べたことないです…。)

葉っぱの屋根の下、気持ちはスキップで駆けていきます。

RIMG0527.jpg

とっても気持ちよいこの道。
あと2か月くらいすると、葉っぱが色づいて、これまた気持ちよいのです。
想像して、すでに気持ちよい気分。

この道の先では、虫たちとの出会いたくさん。

上からぶらさがっていた、クモ?じゃないような。
元気に動いていて、なんだろう~。

RIMG0530.jpg

てのひらに乗ったと思ったら、またどこかへ。
また会えるかな。

セミ。

RIMG0533.jpg

静かに持っているように見えますが、
その通り、静かでした。
最後の一鳴きもおわった頃だったかな。

セミって、一生のうち少ししか地上に出られない、
と思いますが(思いますか?)、
私たちが地上にいる時間が長いからそう思うだけで、
地下の暮らしの方が、セミにとっては快適なのかも。
と考えてみたり。

葉っぱの下には、ごそごそ動く黒い虫!
ちらっとめくると、あわてたようにごそごそごそ。

RIMG0536.jpg

かくれんぼが上手でした。
最後は、どこに行ったのかわからなくなってしまって。
この虫にも、また会えるかな。

おもしろいのは、こんなものも。
大きい長いね~。

RIMG0538.jpg

よいこらよいこら引っぱりあげて、
この後、ずーっと一緒におさんぽしたのでした。

虫との出会いは続きます。
ミミズ。

RIMG0543.jpg

ちいさめなミミズでしたが、
ちょん、とつつくと、
驚くほど元気に跳びはねて。
びっくりするけどおもしろくって、
何度もやって、疲れさせちゃったかな。
お付き合い、ありがとうでした。

立ち止まって、
なんだろう?
みてみて!
の時間がたっぷりあった今日は、
距離としては短いおさんぽ。
その中にぎゅぎゅっとつまっていました。

そろそろお昼にしようか~。となったら、
さっきの長い枝、ごはんの場所まで持って行って。

RIMG0551.jpg

ちょうどよい持ち方も見つけたようです。

道の途中、すこし開けたところで、いただきまーす。
涼しいところを一生懸命探さなくても、
のんびり食べられる季節になりました。

今日はおさんぽじかんが長かったので、
お昼ごはんがおわったら、絵本の時間。
『なつのいけ(文:塩野米松 絵:村上康成)』を読みました。

水の中、上から見たり、中から見たり。
いつも上から見るだけの私たち。
中から見れたらおもしろいだろうなぁ。
ちょっと想像して楽しい気分の絵本でした。

今日は、いつもの道を、いつもよりきょろきょろな一日。
さーっと駆け抜けて、歩くことを楽しむ一日もありますが、
じっくりゆっくりな一日もよいものです。

今しか会えない虫、いつでも会える虫、
たくさん会って、どんどん仲良くなれたら。
森のいきもの、たくさん会って、
森の楽しみ、もっと知れたら。
森の世界がもっと広がったらと思います。
秋も楽しみですね。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

暑いですね~。

RIMG0558.jpg

この記事へのコメント