ぽつぽつ ぴちゃぴちゃ

今日は、多賀城でそら組。
朝のしとしと雨が一旦止んだと思ったら、
お昼過ぎにしっかり降りました。
夏のおわりの雨は、すこし暑いか、すこし気持ち良いくらい。
最後は、みんな全身びっしょりになったのですが、
気持ちよかったかな。今だけの楽しみです。

おはようして、絵本を読んで、さぁ行ってみよう~。
階段好きな時も、坂道が好きな時もあります。
今日は坂道で、一緒にしりもち。

RIMG0559.jpg

そのまま、すべり台でおりちゃおうか。
冬になって雪が積もると、ここはそりすべり場になります。

森に入って、奥の広場まで。
落ちてきた葉っぱが、ちょっとずつ色づいてきました。

RIMG0560.jpg

まだちょっと早いよね?
気の早い葉っぱたちかしら。

落ちてきていたのは、緑色の実も。
この道に、ちいさなどんぐり葉っぱつきで、たくさんありました。
なんででしょう~。

RIMG0563.jpg

ここは、手前が葉っぱが落ちない木々が並んでいて、
奥は葉っぱが落ちる木々。
森に入ると暗いけれど、歩いていると明るくなります。
そんな変化も歩いていて楽しいのです。

お昼前に森を出てはらっぱへ。
ちょっと疲れたら、
笹の葉っぱのペロペロキャンディーをどうぞ。

RIMG0568.jpg

かんぱい!して、いただきました。
持っているだけで、元気になれるものもあります。

お昼ごはんは、屋根の下で。
この頃は、雨が一旦弱くなって、セミが鳴き始めたところだったかな。
食べ終わったら、ひとり、またひとりとまたあそびの世界へ。

はらっぱの木々たちも、緑色の実をたくさん持っています。
今のうちにすこし落としているのは、
大きな実をじっくり育てるためなのかな。

RIMG0571.jpg

栗。緑のイガイガは、まだちょっと柔らかいかな…
いや、もう立派にトゲトゲしていました。

くるみの実はもう黒く落ちていました。
でも、その色がなかなか拾ってみる気にさせない色です。
そういう作戦かな。

とはいえ、拾って割ってみたのですが、
中身はしんなり元気がなくて。

RIMG0573.jpg

そういうものから落ちてくるのかしら。
きっと、木々たちに種を残すためのいろんな作戦があるのでしょう。
私たちは、ぷっくりおいしい実がなるのが楽しみにしています。

木々たちをみて、実をみて、ひとあそびしたら、そろそろ絵本の時間。
今日は、『スダジイのなつ(文:谷口國博 絵:村上康成)』を読みました。

RIMG0580.jpg

夏、いろんな生きものがやってきて、
昼も夜もにぎやかなスダジイのまわり。
ここにも、そんな樹があるかな。
いつも会える生きものは限られているけれど、
いろんな生きものを感じていきたいです。
糞とか足あととか、探してみましょう。

帰り道、カッパをぬいで、雨を直接感じる時間。
まだ寒くない、いまだからこそ。

RIMG0584.jpg

とはいえ、風邪をひきませんように。

そのあとは、こんな感じ。

RIMG0590.jpg

濡れちゃうよ~とも思いますが、みんな、不快じゃないみたい。
濡れるより、水を楽しむ気持ちのほうが大きいね。
その楽しみをたっぷり味わってほしいと思います。

今日は、雨の森と雨のはらっぱをおさんぽ。
お馴染みの葉っぱや枝を手に取ってみたり、
雨の日だからかな、きのこを見つけたり。
今の季節だからかな、緑のどんぐり落ちていたり。

そして、最後の雨のあそびがなんともよかったね。
ぽつぽつ落ちてくる雨。
ぴちゃぴちゃ跳びはねる雨。
さらさら舞うような雨も、雨の日だけの楽しみ。

川や海の足元に流れているのとは違う、
降ってくる雨を楽しんだのでした。

びっしょり濡れることができるのは、今の季節だから。
秋を楽しみな気持ちが膨らんでいる最近ですが、
やっぱり今も、じっくり満喫したいですね。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

ちょっと呼んでくるね!と。みんなでわらわら。

RIMG0574.jpg

この記事へのコメント