いつも じゃない おもしろさ

今日は、おでかけそら組で県民の森へ。
月に一度の場所なので、
来月にはもう、葉っぱが色づいて散り始めているかな。
今年最後の緑色かも。もう色づいているのもあるかも。
なんて話をしながら、いつものさんぽ道へ。
お久しぶりのみんなもいて、わいわい、にぎやかな時間となりました。

秋の絵本を読んで、出発~。
この道の両側のロープに、とんぼがたくさんとまっていて、
一匹つかまえました!手の中に。

RIMG1292.jpg

用心深いとんぼたちだったのですが…
始めの一匹は油断していたか、
捕らえた方が、とっても速かったかな。

すこし進むと、今度は大きなバッタ!
大きさにびっくりしながらも、
手に乗せてみたいみんな。

RIMG1295.jpg

本当に大きい…
羽も大きくて、跳んでいくのも遠く遠くまで。

森の入口の道、萩の花が満開でした。
よく見る紫と白い花も。めずらしいね。

RIMG1297.jpg

咲いているのもきれいですが、
散って落ちているのもこれまたきれいで。
拾って、お店屋さんの品物になっていました。

お店屋さんは、こちら。

RIMG1303.jpg

いらっしゃいませ~!
威勢のよい声が聞こえていましたよ。

お客さんの入りも上々のよう。
木の枝、花、葉っぱ、いろんなものがありましたからね。

RIMG1298.jpg

でも、おきゃくさんも仕入れを手伝っている、
不思議なお店でした。

お店屋さんが閉店したら、おさんぽ再会。
途中、かわいらしいエゴノキの実も、
サクラ、ホオノキ、カツラも、葉っぱが落ち始めていましたね。
カツラの葉っぱは、今年もとってもいい香り。

最近よく見かけるもののひとつ、クモの巣。
季節関係ないように思いますが、
なんだか多いような気がします。

そんなクモの巣にちょっといたずら。
みんながひっかからないように、見やすくさせてもらいました。

RIMG1312.jpg

カツラの葉っぱ、ひっかけて。
クモの巣もいい香りになったかな。

お昼ごはんは、そんなカツラの香りたっぷりの場所で。

RIMG1314.jpg

おひさまの光も風も、とっても気持ち良かったですね~。
秋の季節のいいところばかり。

食べ終わったら、ちょっと探検。
こどもたちだけの特別な感じがいいね。

RIMG1316.jpg

このあと、戻ってきてはまた行って。
くりかえし何度も何度も。

小川では、魚釣り。
お、釣れています。

RIMG1323.jpg

これから、この釣りは大漁の季節になりそうです。

ひとあそびして、今日もそろそろさよならまたねの時間。
絵本の唄、元気いっぱいに唄って。

RIMG1326.jpg

最後の絵本は、『どんぐりを おとしたのは だれ?(文:高柳 芳恵 絵:はた こうしろう)』。
ちょっと長い本でしたが、ここ最近森の中で見かけていたどんぐりの謎。
解けましたね~。おもしろい!
また出会ったら、違う見方で見られて、
おもしろさがもっと増えていきそう。

森の中で出会うなぜ?は、
なんでだろう?たくさん考えてから、
調べて、そうだったのか!と、
おもしろがっていきたいです。

今日は、夏と秋の境目の森のおさんぽ。
まだ、セミも鳴いていました。
でも、色づきはじめた葉っぱもちらほら。
来月は、きっとがらっと景色が変わっていますね。楽しみ。

よく行くからわかる変化と、
たまにしか行かないからわかる変化と。
今日の場所は、たまに行って、
こんなに季節が進んでいるのかと、
そのおもしろさがわかる場所。

来月は、どんな景色になっているかな。
そして、どんなみんなになっているかな。
秋の実りの季節。みんなもぐっと大きくなるとき。
その変化も、たまに来るこの場所で、
じっくり感じていきたいなと思います。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

トンボを捕らえる瞬間。
指先と膝の曲がり具合がいいですね。

RIMG1294.jpg

この記事へのコメント