足元からも ひろがる

今日は、多賀城でそら組。
本当に、雨の多いこの頃ですね。
せめて、もうすこし弱く降ってほしいものです。

そんな雨、今日は降られずでしたが、
強い風を感じながら、寒さもすこし感じながら。
バッタやトンボ、カエルを探すおさんぽでした。
寒い寒いと言いながら(おとなが、ですが)、
走り回って汗もかくくらい。

朝一番は、ムラサキシキブのところへ。
ちいさいけれど、くっきりきれいな実。

RIMG1989.jpg

今年もたっぷりなっていました。
これを見ると、秋だなぁと思うもののひとつですね。

朝から、今日はカナヘビとカエルをつかまえる!
と言っていました。
見つけたのは、バッタ。

RIMG1991.jpg

ちいさな指が、懸命に動きます。
大きいバッタ、小さいバッタ、見つかりましたよ~。
でも、カエルは見つからず。
寒かったから、じっとしていたかな?
カナヘビも、ちいさな赤ちゃん?ちょろちょろしていたくらいでした。

秋のくっつき虫があちこちでくっつく準備中。
頭にも、ちょこん。
(これはつけました。)

RIMG1996.jpg

ふと気が付くと、足にたくさん…!ということも多いです。
私たちはどのくらい、種を運ぶお手伝いをしているんでしょうね。

石畳の広いところ。
やっぱり走りたくなります。

RIMG2000.jpg

ぱたぱたと。
ひとりが走れば、みんな。
ぱたぱたの足も、にこにこの顔も広がって。

ちょっと場所を移して、またにこにこ。

RIMG2002.jpg

水たまり、いつからでしょうか。
飛び跳ねる足も水も、今日も元気です。

おさんぽしながらも、
カナヘビ、カエル、バッタ探しはまだまだ続いています。
下を見ながらおさんぽのその時、
ふと、草の葉っぱのその下に目がとまりました。

RIMG2006.jpg

ぎざぎざの葉っぱの、その縁についた水。
とってもきれいだったね。
思いがけないうれしさ。

思っていた虫にはなかなか会えなかったのですが、
あ、こんにちは!とばかりに、足元にトンボ。
すこし一緒におさんぽしました。

そして、そろそろお昼ご飯。
ぱくぱくっと食べたら、もうひとあそび~。

RIMG2009.jpg

長い棒、端っこ同士で持っていて、
上に下に上げたり下げたり。
でも実は、これを返してほしいな~という場面でした。

ちいさなみんなも、みんなたちだけのやりとりも、
ちょこちょことありますよ。

いつかのバッタさんを思い出します。
手の上で仲良しでした。

RIMG2011.jpg

時折、こうして馬が合うというのか、
静かに手にのっているバッタさんもいます。

絵本の時間まで、ずーっと。
絵本の前の唄の時、バッタさん、唄には慣れているのかなぁ、と。
動かずじっといましたね。

今日の絵本は、『ぽっとんころ ころ どんぐり(作:いわさゆうこ)を読みました。」

RIMG2016.jpg

どんぐりの春夏秋冬、いろんなどんぐり、
ぼうしも実も、いろいろ。
今日はあまり会わなかったけれど、
この時期にいろんな場所に行ってみれば、
はじめましてのどんぐりに会えるかな。

今日は、足元を見ながら探しながらうろうろ歩いて。
広い場所では、うわーっと走って。
雨を待つ曇り空でしたが、みんなの顔はぴっかり晴れたおひさまのよう。

目指していた虫には会えなかったけれど、
寒くないうちに、また来て探しましょ。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

何話しているんだろうね。
時折、この場所で何やらやっていました。

RIMG1994.jpg

この記事へのコメント