空は広く つながって

今日は、多賀城でそら組。
日に日に寒くなってきて、
日向と日陰の温度差も大きくなってきましたね。
森の雰囲気も変わってきました。
そんな森へ、とことこおさんぽ、出発です。

木々の葉っぱが落ちてきた中で、見つけやすいもの。
長い蔓を見つけて、よいせよいせと電車のように。

RIMG2248.jpg

働き者なのです。
そして、大丈夫?って気にかけてくれて。
さらには力持ち。

この場所はやっぱり、落ち葉たくさん。
晴れ続きだったからか、葉っぱはぱりぱり。

RIMG2252.jpg

箒を手にしたくなります。
集めて集めて。

短い箒を上手に使って。

RIMG2251.jpg

集まった葉っぱも嬉しいですが、
下から顔をのぞかせる地面もいいですよ。

みんなの足元に集めてみたりも。
足がどんどん埋まっていきます。

RIMG2255.jpg

これは、わしゃわしゃっと抜け出したときでした。
足湯だったかなぁ。

葉っぱを落とす木が多いところは、
空が開けて広くなったようでした。
おひさまの光、たくさん入ってきますね。

藪の中へちょっと探検!も、してみました。
みんなの目線はちょっと低いから、
きっといつも違う道が見えているんだろうな。

はらっぱに出たら、バッタを見つけて。
つかまえました。お見事。

RIMG2265.jpg

どんどんと生きものたちとの距離も縮まっていきます。
これからは生きものもすこし静かになりますが、
冬の生きもの、見つけていきましょ。

ここにも、生きものいるのかな…?
ちょっと大きめの穴を発見。

RIMG2268.jpg

なんだろう~。のぞきこんで。
あーでもないこーでもない言っている時間が、楽しいよね。

広いはらっぱに来たら。
すすすーっと。
この季節がやってきますね。

RIMG2270.jpg

まだすこし緑が残っていますが、もう楽しめました。
おなかすべり、スリルがあっていいんですよ。
これから、たくさんすべろうね。

ここらで、お昼ごはん。
広いはらっぱで。
気持ち良かったね。

RIMG2278.jpg

食べ終わったら、ぺたぺたちょこちょこ走り回って。
さらに気持ちよい時間。

さよならまたね、の前の絵本は、
『うーん、うーん、うんち!(ネイチャー&サイエンス:編)』を読みました。

RIMG2281.jpg

うんち、みんな興味津々で前のめり。
ちょっとずつ絵本に近づいてくるみんなでした。

森の中でも、時折見つけます、うんち。
よーく見ると、何を食べているのかわかって、
大きさも見ながら、どんな動物か想像するのも楽しいものです。
そこでうんちをしている姿を想像しながら。
また、探してみましょ。

そして今日は、この後おまけの時間がありまして!

まずひとつめは、干し柿作り。
いろんなところでいただいたたくさんの渋柿。
みんなで黙々とむいて、ひもにつけて。

RIMG2284.jpg

去年から始まったこの時間。
たくさん柿にちょっとびっくりしますが、
みんなでやるとあっという間。
手を動かしながらのおしゃべりも楽しかったですね。
完成したら、それぞれのおうちへ。
おいしい干し柿になりますように~。

さらに、もうひとつ!
その柿を見ながら、またみんなの想像の世界を見ながら、
干し柿作りの横ではお絵描きの時間でした。

KIMG0314.jpg

虹の森もなんだかんだとお世話になっている、
司会、ファシリテーター、デザイナーなどなどでご活躍中の
ふみゆさんがあそびに来てくれたのです。

今月18(月)から、「おやつ展」という個展を開かれるそうで、
虹の森のみんなと、その絵のひとつを描いてみよう~というものでした。
紙とクレヨンや絵の具を前にしたみんな。
真っ白な紙の上に、楽しそうな色が広がっていきました。

個展については、こちらをご覧ください。

●おくぐちふみゆ おやつ展
日時:2019年11月18日(月)〜11月24日(日) 
    ※11月20日(水)は会場休館日のため 休み
​場所:1TO2 BLDG
https://www.folkgw.com/oyatsuten


ぜひ、足を運ばれてみてください~。
みんなの絵、どんな風にそこにあるのかしら。
楽しみですね。


今日は、季節も景色もどんどんと変わってきた森の中。
気持ちのよいおさんぽでした。
はらっぱもまた、景色が変わってきて。

そうそう、この季節はこんな景色だったね、と。
こんな風にあそんでいたんだった、と。
なんだか懐かしい気持ちにもなりながら、
でも、ひとまわり大きくなっているみんな。

今年のこの季節は、どんな風にすごそうか。
やりたいことも行きたいところもたっくさん。
ほどよく欲張って、たくさんあそびましょ。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

この道、なんだかいつもカメラを向けてしまいます。
登り坂、ひとりで登れるみんなが増えてきました。

RIMG2249.jpg

この記事へのコメント