変わる季節は まだ続く

今日は、そら組で多賀城へ。
昨日とはまたお天気が変わり、
風はなく、ぽかぽかおひさまが優しくて、
冬のおさんぽ日和でした。

まだ、葉っぱが木々にくっついているので、
秋のおわりかなぁと思っていたのですが、
もう冬かしら。という気持ちになっているこの頃です。

こんな景色を目にすると、秋!という気持ちにもなりますが。

RIMG2920.jpg

昨日の県民の森でももみじがきれいで、
こちらもそうかな?と、おさんぽへ出かけました。

絵本を読んで、おはようして、出発!
みんなの目線は、主に足元へ。

RIMG2910.jpg

黒い干しブドウのような実があちこちに落ちていました。
枝のさきっぽに、実がたくさんついているのですが、
すぽっと簡単に取れて、なんだか不思議なにおい…。

なんだろうね~と話しながら、なんだろう~のまま。
また来週?また来年?も、なんだろう~と思うのかな。
そんな関係もいいなと思います。

季節によっておもしろいものいろいろですが、
寒くなってきたときの楽しみのひとつが、これ。

RIMG2913.jpg

ユリの仲間かな?
ひとつの実に種がたっくさん入っていて、
ゆらゆら揺らすと、わさわさ~っと飛んで出てくるのです。
おもしろくって、きれい。

そして、広い、なーんにもないところへ。

RIMG2915.jpg

なんにもない、わけではないのですが。
この広々と、でも暖かい感じが、
この季節、ここに足を向かわせます。
走ると気持ちいいよね。

広く走った後は、狭いところをちょこちょこと。

RIMG2916.jpg

落ち葉が下にたまっていて、
さくさく、音も楽しい。
狭いところも心地よいよね。

さらに歩を進めたら、もみじがたくさんあるところ。
きれいに染まっていました。

RIMG2919.jpg

ここでも、ゆさゆさ。
揺らすと、それを待っていたかのように、
葉っぱがひらひらと舞うのです。

もうすっかり葉を落とした木、
いままさに真っ赤に!という木、
いつでも緑ですよ、という木。いろいろ。

RIMG2922.jpg

ここでも、みんなの目線は足元に。
いろんな葉っぱ、楽しんでいたかな。

葉っぱがなくなったら、登りやすくなった木も。
木にきゅっとくっついて、居心地よいのかな。

RIMG2925.jpg

なんだかもう、コアラにしか見えませんでした。

おだやかなおさんぽの日。
お昼になったら、すっかり葉っぱを落とした桜の木に囲まれたところで、
おひさまの光、しっかり浴びながらごはんにしました。

食べ終わったら、それぞれあそびに出かけて。
また集まって、絵本の時間。
今日は、『まいにちがプレゼント(作:いもとようこ)』を読みました。

RIMG2934.jpg

森の中、外で毎日すごしていると、
本当に、毎日違った空気、景色、出会いがあり、
毎日がプレゼントのようです。
今日のおひさまの暖かさも、そうだったかな。
そんな、暖かい気持ちを虹の森の時間の中で、
たくさん、感じてもらえたら嬉しいです。

今日は、おだやかなお天気の中、おだやかなおさんぽ。
そこにいるだけで、気持ちよかったですね。

冬のはじまりの今は、秋が静かに去っていくようで、
自然の変化も早いかな。今しか会えないものも、
これからしばらく会えるかな、というものも。
モノクロの世界になる前に、
この静かなにぎやかさをたっぷり味わいましょ。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

土の上もいいけれど、
コンクリートの上も、またきれい。
色は、いろいろあるからきれいなのかな。

RIMG2921.jpg

この記事へのコメント