氷の種を蒔きました

今日は、畑の日。
今朝の畑は一面真っ白。

RIMG3263.jpg

雪の下に隠された土は、霜柱を抱えてキュッと固くなっています。
こんな日も、畑の野菜たちは、つつましくもたくましく。
先週より大きくなっている…とは言えませんが、冬らしい畑の静かさです。

さてさて、今日は何しよう。
まずは、先日ホームセンターで買った網をどうやって張ろうか試してみました。
さやえんどうのつるをからませるための網です。

RIMG3267.jpg

大きさはどう?
こっちが上かな、下かな?
ネットを支える棒の長さはどれくらい?

さやえんどうにからまってほしいのに、
広げた網に何度もからまる自分たちの足…。
足をからめながらも、あれやこれやと考えます。
よし、なんとか出来そうです。

そうだそうだ、確認しなくちゃ。
先週、水路から釣り上げた氷を埋めておいたところ。
目印の棒を立てておいたので、そこを掘ってみます。

RIMG3270.jpg

氷は見つけられませんでした。
それなら、今日もまたやってみようと再チャレンジ!
氷を探して、水路をうろうろきょろきょろ…。

すると、ちょっと離れたところから嬉しそうに弾んだ声が。
こっちにおっきな氷があったよー!

RIMG3272.jpg

いつもは雨水がたまっているところ。
四角形の大きな氷ができていました。

とっ!取りたい!!
みんなの目が輝きます。
それぞれの知恵と力を合わせて、厚さ3~4㎝の分厚く大きな氷を取り出しました。

RIMG3276.jpg

ハンマーで割って、畑に埋める大きさにして。

畑に運んで、土を掘り、また運んでは土を掘る。
そして、また何も植えてないところへ氷を一列に埋めます。

RIMG3280.jpg

まるで氷の種を植えているようだね。
ここから、氷の芽が生えて、氷の花が咲いたら、また氷ができるね。と。

氷の種を植え終えて、気が付くと畑の雪は一面すっかりとけていました。

RIMG3291.jpg

そして、なんだかとても働いたという充実感とともに、
体もぽかぽかになっていました。

雪がとけたなら、最後にこれをやろう!
ずっと楽しみにしていた、麦踏みです。
がんばれー!がんばれー!と、
麦に応援の声をかけながら横歩きで踏んでいきます。

RIMG3289.jpg

でも、心の中では「ごめんね、ごめんね」と、むずかしい気持ち。
そんな気持ちを、手をつないで分かち合います。
しっかり根を張って、大きくなってね。

今日の絵本は『ざりがに(作:吉崎正巳)』を読みました。
氷を探した畑の横にある水路。
暖かいときにここで何度も出会ったざりがには、今は土の中でしょうか。

野菜も生き物も、静かな冬の畑。
たくさんの仕事はないけれど、
畑がにぎやかになる準備を、これからみんなで少しずつ。

△やまちゃん△

○●おまけ●○●

いいのぉ?いいのぉ?えー、いいのぉ??

RIMG3287.jpg

この記事へのコメント