冬の親子キャンプ2020*2日目~たっぷり雪あそび!~

今日は、冬の親子キャンプの2日目。
午前中は、くりこま高原自然学校よりすこし標高の高いところまで行って、
たっぷり雪あそび!
午後は、いつも通りやりたいことをやるじかん。
冬のくりこまをたっぷりあそびました。

※1日目の様子はこちら。
http://nijinomori2012.seesaa.net/article/200320camp.html

朝、おひさまよりすこし後に起きたら、
早速あそびはじめているみんな。
今日も元気たっぷりのようです。

朝ごはんは、みんなで作ります。
ごはんは羽釜で炊いて、
お味噌汁の野菜を切って。
自然学校のニワトリたちが生んだ卵もいただきました。

IMG_2364.jpg

こうやって、親指を使って割るんだよ。
教えるほうも、教えられるほうも、真剣。

そして、割れるかな…?
指はしっかり、まねっこできていますね。

IMG_2365.jpg

この後、ぱかっと割れました。
黄身は割れちゃったけど、できました~。
そして、卵はスクランブルエッグにしておいしくいただきました。

おなかいっぱいになったら、
自然学校から移動して、雪のある場所へ!
たっぷり雪あそび!です。

90394893_188320409286633_5715028275995082752_n.jpg

雪の斜面、登ってすべって登って…。
雪の穴を作ったり、雪玉投げたりも。
ソリに乗るではなく、ソリをすべらせる、も楽しそう。

こちらでは、みんなで登って。

IMG_2384.jpg

体すべてを乗せるソリではなく、またがるソリ。
それぞれの色を、いろんな新幹線にして走っていました。

いくよー!

IMG_2386.jpg

そして、次々と後に続いていました。

ソリに乗るのもいいけれど、
体いっぱいですべるのも、転がるのもおもしろい。
この冬あまり会えなかった雪と、
たーっぷりあそびました。

お昼は自然学校に戻って、いただきまーす。
おいしいカレー、たっぷりおなかの中へ。

午後は、心残りタイム。
やりたいことをやるじかん。
今回も、いろいろなところへ。

午前の雪あそびの続き。
ソリすべりだけじゃなく、今度は雪の壁登り!

90354794_658142434998288_1177129056978599936_n.jpg

登った先には、何があったのかな。

自然学校では、いつもの森のおさんぽ。
昨日からも、きっと何かは変わっていたのでしょう。
変わらないけれど、変わっている。
森のひとつの魅力だなぁと思います。

お絵描きをしたい!という声も。
その手の迷いのないこと。

IMG_2400.jpg

(はじめに、したい!と言った子はまた別の絵なのですが。)
描くこと、うまいへたにとらわれずに、
たっぷり楽しんでほしいなぁと思います。

昨日の続き、池であそんだみんなもいました。
春や夏は、イモリとりで大盛り上がりでしたが、
いまの季節もあそびがうまれて。
慣れ親しんだあそびばになっていました。

そろそろ短い針が横を向く頃。
心残りもなくなったかな?
最後のおやつの時間。

IMG_2408.jpg

ひとり一枚、パンケーキを焼いて、
トッピングをして、いただきまーす!
みんな、目がきらきら。

そして、さよならまたねの前の絵本の時間。
今日は、『もういいかぁい? はるですよ(文:富安 陽子 絵:松成 真理子)』を読みました。

89971244_210343283364064_1404355375515303936_n.jpg

ちょっとずつちょっとずつやってくる春。
いろんな足音が、そこここに聞こえてきますね。
春が早い今年の親子キャンプは、
冬を全力で追いかけて雪あそびしながら、
冬と春をいったりきたり。

冬が冬らしくないのはさみしいし心配ですが、
今回も、今このときを楽しめたかなと、思うのでした。
こどもたちは、いつでもそうかな。

きっとこれからは、さらにいろいろな気候の変化があると思いますが、
その問題を考えつつも、あそぶときは思いっきり!
めいっぱいあそびましょう~。
今回も2日間、ありがとうございました!

次回の親子キャンプは、春!
5月2日(土)~3(日)です!
今年は、すっかり春になっているかな?
楽しみにお待ちしています。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

おやつは、作って描いて。
このあと、口のまわりをにぎやかにさせながら、
みんなのおなかの中へ。

IMG_2406.jpg

この記事へのコメント