春が濃くなりましたね

顔をのぞかせるくらいの暖かさと、寒さがいったりきたりの春は、
もうどこかへ行ってしまったよう。
暖かい日が続いていますね。
前にブログを書いてから、一カ月が過ぎようとしています。
みなさま、いかがお過ごしですか。

今日は、しばらく会っていないみんなへのお手紙のような。
会いたい気持ちが膨らんで、ついつぶやいてしまったような。
届けたい気持ちと、届かなくてもいいかなという気持ちが
いったりきたりしながら書いています。

まずは、こどももおとなも、一日の中に、
自然と笑顔でいられる時間が少しでもありますように。
と祈りながら。

**

お休みになってからは、
今まで後回しにしていたことをバリバリ終わらせながら、
みんなにお手紙を送ったり、これからの一年の準備をしたり。
畑は、みんなが来るときのために、
耕して肥料を入れて、種も少し蒔きました。
(みんなのおうちでも、蒔いて、芽が出たかな?)

よもぎを摘んで、草餅も作ってみました。
季節の楽しみは、その時を逃すと
次は一年後になってしまいますから。

当たり前ですが、人間たちがこうしてばたばたしていても、
季節はしっかり巡って、生きものたちもどんどんと変わっていきますね。

IMG_0065.jpg

モノクロだった景色は、一気に緑が増え、
淡い小さな芽たちも、あっという間に濃く力強い葉っぱに。
足元の草たちも、ぐんぐんのびて、
ちいさなみんななら、かくれんぼができそう。

驚くほど多くなった加瀬沼の水も、
そろそろ田植えの季節。減ってくるかな。

そして、足元も、水の中も、ふと顔をあげても、
生きものたちの姿が見られるようになりますね。
当たり前のことが当たり前にあることが、
今はすこし安心します。

IMG_7159.jpg

この1か月間、みんなと過ごすことができなかったことは、
この季節を味わうことができなかったことは、
残念というのか…なんとも言葉にできないです。

その気持ちは忘れずに持っておこう、とも思いますが、
今は、これからどうしようか、ということを考えています。

きっとみなさまそうだと思うのですが、
また、場を開こうという時に、どうやって開くとよいのか。
考えた先はとてもシンプルになるのかなと思うのですが、
できること、できないこと、様々なことを考えて考えて、
その先に出したことでありたい。
そして、感情に流されず、日々変わる状況をみることも忘れずに。

今日は立夏。そして、こどもの日。
暑さでいっぱいになる前に、
またみんなと森を、はらっぱを、駆け回る日を迎えられますように。

*ねっこ*

○●おまけ●○●

桜の写真を見ながら、
来年は桜の塩漬けを作ってみようと、
また食べることばかり。
(食べられるのはこの桜じゃないと思うけれど)

IMG_2644.jpg

この記事へのコメント