流れる季節と 変わらず創っていくおもしろさ

今日は、多賀城でそら組。
夏空も、今日からすこしお休みかな?
たまにちらりと見える青空と、暑さと、風の涼しさと。
いろんなお天気の中で、虫取り網を片手におさんぽでした。

まずは森の中へ。
じめじめっとした梅雨の印象がまだ、
私たちの中に残っている気がしますが、
ちょっとずつ変わっていますね。

木々のまわりが白くなっていたり(カビのような…?)
クモが立体的な巣を作っていたり!

力尽きそうなミミズのまわりにアリが集まっているのは、
いつもの風景かな。

IMG_4834.jpg

アリにとっては、ミミズはおいしいのだろうか~。

ナメクジが這った跡のような、
ラップのような…不思議なテカテカしたものも。

IMG_4842.jpg

これは本当に、なんだったのでしょう。。
また見つけられるかな。

梅雨の間に見られなかったものが、
ちいさくあちこちにありました。
(蚊も、すっごく元気にたくさん飛んでいました…。)

はらっぱでは、みんなの虫取り網が大活躍。

IMG_4857.jpg

ちょいと手伝ってもらって、高い所へ!
手に入れたのは、セミの抜け殻です。

こちらでも、よいしょ!
届くかな。

IMG_4851.jpg

めいっぱいの背伸び。
力強くて、見ているこちらは嬉しい気持ち。

そこに入ったのは、一枚の葉っぱ。

IMG_4853.jpg

虫取り網ですが、虫じゃないものもたくさんとれます。
みんなの手が、伸びたみたいだね。

セミの抜け殻はあちこちで見つけられたのですが、
手乗りセミも~。

RIMG4184.jpg

ミンミンゼミかな?
みんなが大切に持っていたセミの抜け殻でも、
どのセミかわかるのです。調べてみてね。

いろいろ探し回っていると、
それ以外のものもどんどんと見えてきます。

RIMG4195.jpg

大きくなっていた、クリ。
まだ緑色でかわいいけれど、もうこんな大きさ。
こうして、次の季節はゆっくりと準備していますね。
今日はもう、立秋。

これは、毎回欠かせないかな。
景色がぐんと高く見える、木登り。

RIMG4192.jpg

ちょっとこわいけれど、その楽しさも、
登った時の景色も、ぜひ見てほしいな。

お昼ごはんは、あそびの合間にぱくぱく食べて。
流れるようにまたあそぶみんなでした。

あっという間の時間のおわりに、絵本の時間。
その前の絵本の唄、今日も素敵な楽器で一緒に。

RIMG4202.jpg

木の枝のことが多いですが、今日は草。
なくなったら、かき集めて、なくなったらまた。
おもしろさは、本当にいろんなところにあって、
みんなは自然とそれを知っているし、創り出しもするのです。
おもしろいって、なんだか嬉しいよね。

今日の絵本は、『てんてんむし(作:あべ弘士)』を読みました。
いろんなむし、いろんな模様で、私たちに話しかけていて。
たしかに、その模様に応えるように、
わたしたちもじーっと見ています。
また、虫に会うのが楽しみになりました。

最近、虫取り網を持つのがいつものことになってきましたが、
その使い方はいろいろ。
持ちながらも、それだけにとらわれず、
いろんなものをどんどん見つけて、あそんで。

虫はというと、前ほどちょうちょには会えず。
とんぼは、見つけるけどたくさんはいなくて。
セミは、声だけじゃなく姿も見つけられるように!
次回は、もっとたくさん見つけられるかな。

そんな夏を見つけながら、
梅雨のおわりを感じたり、秋の準備も見つけたり。
流れるように続く季節を感じる時間でした。

来週は、お盆休み。
みなさま、よいお盆をお過ごしください。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

虫取り網の電車に乗って、どこまでお出かけかしら?

IMG_4863.jpg

この記事へのコメント