夏も動いてゆきます

今日は、多賀城でそら組。
お盆をはさんで、久しぶりのそら組です。
せみの声がますます元気になっていました。
でも、夏の始めに鳴いていたセミは…。
夏の中の季節も感じる一日でした。

絵本を読んで、おはようしたら、森の中へ。

RIMG4442.jpg

入ってすぐの木の上、腕を伸ばして…。
取りたかったのは、セミの抜け殻だったっけ。
ここでは取れなかったけれど、
このあと、わんさか見つけました。

森の坂を下って登った先では、
ちいさな虫を見つけました。
みんなもちいさくなって、じーっと見つめます。

IMG_4995.jpg

緑色のイモムシ。
元気がある虫とない虫と。
虫も暑いのかな~。

さらにその先のひなたで、見つけた!
大きなカナヘビでした。

IMG_4997.jpg

(写真がまぶしくてすみません。)
赤ちゃんカナヘビもいたので、
家族で住んでいるのかしら~。

森の中、足元をじっくり見ながら歩くと、
たまーに、セミのなきがらが、、
ひと夏、鳴き終えたセミたちですね。

ちょっとブローチにしてみました。

RIMG4447.jpg

よく見ると、お腹のあたりに穴が開いていて、
からっぽのよう…だれかが食べたのかな。
こうして、命はめぐっていくのだなと思います。

いつもの涼しいところでお昼ごはんにしたら、
ひとりふたりと、あそびの時間へ。

IMG_5001.jpg

このあたりの枝に、ぶらりーん、ぶら下がっていたのでした。
ここの枝、ぶら下がるのに人気です。

そして、木登りも!
最近はここの木が多いね。

IMG_5011.jpg

この時ばかりは裸足になって、すいすいっと。
みんな、前に来たときより安定して登っていました。

木の下も、気持ちいいところ。
ふたり並んで、のんびり~。

IMG_5003.jpg

(ちょっとむっとしているように見えますが、そうではないですよ~)
歳がちょっと離れていても、
こうやって並んでいるだけで、いいよね。

涼しいここの場所で、今日の絵本も。

RIMG4450.jpg

今日は、『ねずみのかいすいよく(作:山下明生 絵:岩村和朗)』を読みました。
ちょっと遠くから吹いてきている海の風を感じながら、夏を感じる一冊でした。

さよならまたね、してから、
もう一本いい木を見つけて、また木登り。

IMG_5017.jpg

木の下には、生きものもいたみたい。
木の周りには、いろんな世界。

今日も、森とはらっぱへ。
ひさしぶりのみんなも、一緒に虫を追いかけました。
夏真っ盛りの少し前、
はらっぱにたくさん飛んでいたとんぼとちょうちょは、
いまは少し静か。虫たちも暑いのかな。

セミたちは、森でもはらっぱでも元気いっぱい。
セミの抜け殻も、なきがらも、
見つかるようになりました。
夏の始めには見つからなかったものたち。
夏も、ちょっとずつ動いています。
いろんなもの追いかけていると、
いろんな季節が見えてきますね。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

いいところ、見つけたね。

RIMG4452.jpg

この記事へのコメント