それぞれの歩きかたで

今日は、森のしょうがっこう。
年に一度の泉ヶ岳登山!でした。わくわく。
お天気がすこし心配でしたが、
ざぁざぁの雨にはならない予報だったので、いざ!
あまりにも足元が悪くなったら引き返すか…と考えていましたが、
無事に、山頂まで登って、降りてこられました。
みんな、お疲れさまでした!

ということで、一日をふり返ると。
登りは水神コースで。
先月、みんなで決めたのでした。
入り口で、準備体操。

IMG_6586.jpg

ケガなく登って帰れますように!

出だしは好調。
まだ高い木がわさわさ元気な森のなか、
すいすい進んで、あっという間に水神さままで。

IMG_6596.jpg

水があるところに来ると、
一気にあそびのスイッチが入るようです。
そうだよなぁと思いつつ、今日は山頂を目指しましょ。

ここで最初の記念撮影。
あと半分くらいかな!

IMG_6598.jpg

まだまだ元気がありそうないい顔です。
ここから、ちょっと急な道になります。
気合い入れて登りましょー!というまでもなく、
ずんずん進む子も、ペースを変えずに歩く子も。
それぞれの歩き方があって、おもしろいですね。

ちょっとずつ木の背の高さが低くなって、
岩がごつごつしてきたら、どうだ!とばかりに大きな岩の登場。

RIMG4980.jpg

岩の上で、ひとやすみです。
すこし降っていた雨も、この頃には止んで、
眺めもよくなってきました。

葉っぱも色づいてきて、
どんどんと楽しい気分に!なる子もいれば、
疲れたよ~も、
おなかすいたよ~もあります。

RIMG4986.jpg

そうそう、そうだよね~と話しながら、
山頂を目指しましょ。

あとちょっとだよ!と言われたような、きれいな景色もありました。

RIMG4993.jpg

青空ではなかったですが、
あたりに雲はなくて、遠くの山も見えました。
こういう場所では、「やっほー!!」も忘れずに。
自然と言いたくなるものなんですね。

そして、到着~!山頂です!!

IMG_6636.jpg

登るまでは、やっぱりいろいろな気持ちがありましたが、
みんなここでもいいお顔。まだ元気そうです。

お昼ごはんをささっと食べたら、
名残惜しいですが山頂を後にして、
カモシカコースで下ります。

IMG_6652.jpg

このコースはとっても久しぶりだったかな。
急な道、一歩一歩、慎重におります。

ほかの登山者の方々とも励ましあいながら、
この急な道をおりたら、嬉しい平坦な道!

IMG_6661.jpg

ススキが道の両側でそよそよと揺れていて、
疲れた気持ちもほっと一息。
みんなのあそびスイッチがまた入ります。

でも、約束の(お迎えの)時間も近づいてきていて…
あとはスキー場を下るだけ!

IMG_6664.jpg

スキー場のてっぺんに着いたと同時に、
いつも空の上を優雅に飛ぶ姿を見ているパラグライダー?が、
ちょうど飛び立ったところ!
私たちの気持ちも舞い上がりました。
さらには、いつも泉ヶ岳に来るときに通っているトンネルも見えて、
鳥になった気分だったかな、おもしろかったね。

しかし、ここからが険しい道。
きつい下り坂です…。

IMG_6667.jpg

ここまでがんばった体、足、もうひとがんばり!
たまに転びながら、無事にくだりました~。

ずっと元気だなぁと思っていたみんなですが、
さすがに駐車場に着いたら、疲れた顔になっていたのでした。
おつかれさま!

今年も無事に登っておりることができて、
山の神様、送り出してくださった保護者のみなさま、
ありがとうございました!

去年までのように、気持ちよい晴れ!ではなかったですが、
雲が広がる景色を見たり、
ごはんを食べていたらうっすら寒い空気がやってきたり。
そんなお天気も経験できて、これは今年ならでは。

するするっと登った気がしますが、みんなはどうだったかな。
登り方も人それぞれで、
いつものみんなの様子が垣間見えました。

大変なこともあるけれど、また登ろう!となるのは、
山頂近くの景色のきれいさかな。
登ったという達成感かな。

登らない、という選択肢もありますし、
その選択肢を選ぶ子ももちろんいますが、
登りたい!と思ったみんなと、登っておりて、
元気に「さ・よ・う・な・ら~!」とできて、
嬉しい一日なのでした。

山頂近くは紅葉がきれいだったので、
これから下がってくるのが楽しみ。
来月は、いつもの森でたっぷりあそびましょう。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

山頂にて。
薬師如来さんにごあいさつ。

IMG_6640.jpg

この記事へのコメント