小さな手も大きな戦力!

今日は、ママキャンプ教室。
青く広がった秋晴れの空、
少し暑いくらいのキャンプ日和なお天気。
場所はいつもの公園ではなく、
ななななんと!本物のキャンプ場をお借りして。
川崎町にある『るぽぽの森』にお邪魔しました。

まずは、センターハウスという
キャンプの受付などができる建物の前で集合。

IMG_6688.jpg

オーナーさんのご挨拶をいただいた後は、
センターハウス内を見学させていただきました。

受付、休憩する所、テントを張れる外とつながったお部屋、そしてお風呂まで。
小さなみんなとお母さんには、嬉しく、優しい設備ばかりでした。
オーナーさん、見学させていただき、ありがとうございました。

さて、外へ出て、今日キャンプする所へぞろぞろと移動します。

IMG_6689.jpg

キャンプする場所は、「サイト」と呼びます。

サイトにある炊事場を通ってみたり、

IMG_6690.jpg

建ててあるテントを見学したり、トイレも見てみましたよ。

あらためまして。
はじまりのお話は、キャンプ場の使い方と、オートサイトの使い方について。
オートサイトというのは、車をテントのすぐ横に置けるサイトのこと。
車が近いから便利で、安心。でも注意点もお話ししました。

IMG_6694.jpg

みんなで使うキャンプ場、自然のなかのキャンプ場。
いろんな優しさを分け合って、安全に気持ちよく使いたいですね。

今日はテントふたつ、タープをふたつ、たくさん張りますよ~。
テントは、三角型の可愛らしいティピーテントを。

RIMG5012.jpg

場所を決めて、広げて、ペグで周りを留めます。

テントの中に棒を一本立てて、テントの外側と地面をロープで留めたら…
あっという間に完成です!

RIMG5014.jpg

とても簡単~!かわいい~!との声がたくさん。

みんなも嬉しくって、ぐるぐる走っちゃいます。

RIMG5019.jpg

テントの隣にはタープを張りました。
ごはんを食べたり、テーブルやイスを置いて過ごしたりする場所です。

RIMG5025.jpg

オートサイトの広さは、テントとタープを並べた広さに合ってるんですね。
テントとタープ。青空とたくさんの木に囲まれて…ん~~!惚れ惚れ!かっこいい!!

さあ、いっぱい動いて大人もみんなもお腹がグゥゥ。
お昼ご飯の準備です。

RIMG5021.jpg

みんなの小さな手も大きな戦力です。
たくましく、たくさん働いてくれましたよ。

やまちゃん特製、宮城の郷土料理おくずかけを、
お弁当のお供にして「いっただっきまーす」。

RIMG5027.jpg

「キャンプのご飯は何がいいかな。」
「温かい汁物があれば十分だね!」
「キャンプ道具、何から揃えたらいいのか、わからないなぁ。」
「るぽぽなら、レンタルしてキャンプ出来ちゃうね。」
大人たちはキャンプの話が楽しくて止まりません。

このまま、お泊りしたい気分になってしまいますが、
撤収の時間~!!
テントの棒(ポール)のしまい方、テント生地のたたみ方。
コツと理由を知れば「なるほど!」キャンプの面白さと、道具への愛着が増します。

みんなはテントの周りでお散歩したり、面白いものを見つけてみたり。
丁寧に整備されたサイトなのに、あちこちに森で見たことのあるものが散りばめられてて、
遊びが止まりません。

IMG_6707.jpg

頭にかぶったそれ、森にもたくさんあるよね。

今日のママキャンプ教室は、
三角型のティピーテントと、二種類のタープを建ててみました。
思った以上に簡単で、「これなら出来そう」勇気が湧きましたね。
テーブルやイス、寝袋などの道具に、たくさん触ることも出来ました。
場所と道具。
ちいさなみんながどうやってキャンプを楽しむのか、
大人たちの想像は今日の青空のように大きく大きく広がりました。
みんなの小さな手にも、キャンプで出来ることがたくさん詰まっています。
どうか、小さなみんなが大きくなったとき、素敵キャンパーになることを楽しみにして。
今年最後のママキャンプ教室も、いい一日となりました。

△やまちゃん△

○●おまけ●○●

キャンプ飯
なんだかんだで
汁物が一番
(やまちゃん心の俳句 季語ないけど)

RIMG5024.jpg


この記事へのコメント