足がとまって 楽しくて

今日は、そら組で大木囲貝塚へ。
先月はお天気が荒れていて行けなかったので、
春になって初めてでした。
季節はあっという間に変わりますね。
こんなに緑の季節になるなんて。
景色の変わりようを楽しみながら、
とことこ歩いて、落としもの、生きもの、見つけました。

おはようの前に、みーつけた!

IMG_1158.jpg

カナヘビ、隣を歩いていました。
追いかけようとしたら、
さっさと逃げていっちゃったけどね。

おはようして、絵本を読んで、出発~。
そして、すぐ花の上に、みーつけた。

IMG_1159.jpg

ハナムグリかな?
お花の中に顔をつっこんでいるようでした。

はらっぱの中をずーっと歩いて。
カラスノエンドウのちいさな豆、
まだ緑色の桑の実もありました。
おまけに、ヘビの後ろ姿も見ましたよ。
まだちいさいへび。
でも、マムシかなぁ、アオダイショウかなぁ。
ヘビをおどろかさないように、
これからはちょっと注意して歩かあるかなくちゃ。

海の見える丘の上で、ちょっとひとやすみ。
ベンチ、気づいたら電車に変身かしら。

IMG_1165.jpg

どこまで行くのでしょう~。
ゆらゆら揺れて、おでかけいいね。

草たちが、みんなの背丈までぐんぐんと伸びてきます。

IMG_1167.jpg

葉っぱを落とす木は、ほとんど葉っぱを広げたけれど、まだ若い葉。
葉っぱを落とさない木も、新しい葉っぱが出ていますね。

じーっと座って、何しているかしらと思ったら。
切り株の穴、なんだろう?って。

IMG_1169.jpg

ほじほじしていました。
中がどうなっているか、気になる大人も一緒にやってみたけれど、
なかなか正体は見えてこなかったねぇ。

こちらでは、枝を両手に持って…
たん、たん、たん、とドラムをたたいているよう。

IMG_1170.jpg

枝は、いつもいろんなものに変身。
魔法の杖のようだね。変身する杖。

まだ緑が静かな頃、ここをバスにしてあそんだっけ。
今日はちょっとくずれてたね。

RIMG6514.jpg

そして、カナヘビのおうちになっているみたい。
ちょろちょろっと、何匹か会えたのでした。

とことこ歩いて、
ひとやすみ、ひとあそびしたら、
あっという間にお昼の時間。

涼しい風が吹く、木陰の下でいただきまーす。
周りでカラスが鳴いていたね。

食べ終わったら、靴をはいてちょっとおでかけ。
みんながいる周りであそびながら、
ちょっとずつ遠くへ。ちょっとずつ。

そして、ここでまたちょっと落ち着いて。

IMG_1173.jpg

ベンチにいろいろ広げてみたり、
ちいさなおまめをたくさん集めたり。

ちいさな花がたくさんついて、
ぼとっと落ちていた大きなものは、
やっぱり栃の木の花でした。
秋になると、あそこに実がなるんですね。
人みたいでおもしろかった枝も、栃の木のもの。
ひとつの木にも、いろいろあっておもしろいです。

さて、そろそろさよならまたねの時間になりました。
今日読んだのは、『うさぎのさとうくん つきよ(作:相野谷由起)』。

RIMG6522.jpg

ちょっと不思議で、でも素敵な、さとうくんの話。
そろそろ雨の季節がやってくるけれど、
こんな風に楽しめたらいいよね。

今日は、久しぶりの大木囲貝塚。
初めてのみんなもいたけれど、
緑たっぷりで、春が深まって、
夏に向かう季節は、みんなのものだったかな。

これからぐんぐん伸びる草たちは、
みんなの背丈を超えていって。
歩きづらいような、先が見えないのが楽しいような。
でも、それを草刈りしてくださるみなさまに感謝です。
草むらも、すっきり見渡せるはらっぱも、どちらも楽しみ。

生きものが動き出した今の季節は、
夏真っ盛りよりにぎやかな気がします。
まだセミの声がしなくて、いろいろなことに気がつくからかな?
みんなの足も、よく止まります。

一緒の時間、同じ場所で過ごしているけれど、
惹かれるものはそれぞれ。
同じだけど違う時間、それぞれのペースで過ごしながら、
一緒に過ごす時間もあって。
離れたり交わったりしながら、
よい塩梅が、よい時間でした。

来月は、どんな景色になっているかしら。
楽しみに、お待ちしています。

*ねっこ*


○●おまけ●○●

ぼうし…?
お互いの存在が、ちょっと気になります。

IMG_1172.jpg

この記事へのコメント