涼しい風に呼ばれるように

今日はそら組。
陽射しも、だんだんと穏やかになってきました。
そんな気候とともに、森のいきものたちも秋本番となってきたようです。
花も実も、にぎやかな秋です。

おはようをしたら、今日はまず森へ。
すこし歩くと、そこここにどんぐりがいーっぱい。

IMG_2801

みんなの目線が足元に落ちていきます。

ちいさな粒々が、どんぐりです。
見えるかなぁ。

IMG_2806

もう茶色になったものも、まだ緑色のものも。
帽子がついていたり、いなかったり。いろいろです。

ちょっとした広場のところでは、落ち葉がかさかさ。
思わず集めたくなります。おそうじおそうじ。

IMG_2804

そのうち、歩けばかさかさなるくらい、落ち葉でいっぱいになります。
楽しみだね。

どんぐりがいっぱい(栗もちょっと落ちていました)の森を一周して、
開けたはらっぱのほうへ。
ところどころに置いてある石が、
お店屋さんになったり、どんぐりを並べる机になったりします。

IMG_2807

こどもたちにぴったりのサイズ。
お気にいりですね。

こちらでは、かくれんぼ。
見つかったかな?

IMG_2810

「もういいかーい?」「まーだだよ~」の声、ちいさくなる姿。
丸見えなのに、自分が目をつむって隠れた気分。
たのしいかくれんぼです。

お昼ごはんは、いつものここで。
ここまで来たら、お弁当食べよう~という気持ちになるようです。

IMG_2813

ここの葉っぱも、そろそろ色づいてくるかしら。

食べ終わったらすぐ、あそびにお出かけ。

IMG_2816

みんな大好きな木の棒。
おはようをする前から、ずっと持っているのです。

栗の木の方へも行きました。
まだ緑色のいがいががたわわにぶら下がっていたので、
実を見つけられるようになるまで、あとすこしかな。

IMG_2820

そういえば、くるみはそろそろおわりのようです。

降りたはいいものの、登るのが難しいね。

IMG_2821

おとなにとってはちょっとの斜面も、
こどもたちにとっては大きな壁です。

木々の下では、アリの巣の観察。

IMG_2823

というより、実験というのでしょうか。
アリさん、いつもありがとうございます。

今日はとっても気持ちよいお天気だったので、
さよならするのが惜しかったですね~。

IMG_2824

お母さんと一緒に、のんびり。
安心で嬉しい時間かな。

とはいえ、そろそろさよならまたねの時間。
今日の絵本は、『どこでおひるねしようかな(きしだ えりこ:作 絵: やまわき ゆりこ:絵)』。

IMG_2825

動物たちが、自分のおひるねの場所を探して。
みんなもこの後おひるねかな?
たくさんあそんで、たくさん寝て。
のびのびすごしてほしいです。

今日は、陽射しも風も、とっても過ごしやすく、
おひさまの下、風に吹かれているだけで、とっても気持ちよかったです。
いい季節になりましたね。

たくさんのどんぐりを拾ったり、栗を探したり、
木の棒を持っておさんぽしたり、
ちいさな丘をたたたーっと駆けおりたり。
いつも通りの楽しい時間でした。

でも、そんな中でも、
いつもより、心も体ものびのび開放して遊べたり、
ひとりで登れなかった坂を登れるようになっていたり。
今までと違うみんなの姿もあります。

一日一日で見ると、はっきりとはわからないけれど、
すこし前のことを思い返すと、
みんなの姿、けっこう変わっています。
そんなところは、季節の移り変わりと似ているかも。

そんな、すこしずつの変化もゆっくり感じていけたらと思います。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

笑っても怒っても泣いても、
なんだかんだで、一緒にいるのが楽しいみたい。

IMG_2831

この記事へのコメント