花も香りも秋をつれて

今日はそら組でした。
秋がどんどんと濃くなってきたこの頃。
今までは探していた秋が、はっきりと見えてくるようになりました。

まずは、秋を探しに森へ。
足元にどんぐりや葉っぱが落ちていると、歩みもゆっくり。
そうしてさらに、いろんなものが見えてきます。

IMG_2917

先週の台風の風が、枝もたくさん落としているようでした。

森の葉っぱはまだ元気。
でも、緑がちょっと薄くなってきたかな。

IMG_2918

この坂道、くだりものぼりも、
みんなすこしずつ、自分の力で登れるようになってきました。

足元の葉っぱ、すこしずつ増えてきました。
集めるのも散らかすのも、楽しいものです。

IMG_2925

足元の葉っぱが増えると、頭の上の葉っぱが減って、
寒い冬に向けて、おひさまがたくさん、森の中に入るようになります。

森を出て、はらっぱから今度はもみじの木々の下へ。
そうしたら、蜘蛛の巣がたーくさん。
その中で、蜘蛛のぬけがらを発見しました。

IMG_2933

形はしっかり残って、透明できれいで。
思わず見とれる、自然の美しさでした。

そして、今日は栗の木へ。
みんな下を向いて、つるっつるでまんまるの栗さがし。

IMG_2934

見つかったり、見つからなかったり。
たまに、見つかっても虫に先を越されていたり。
また、探しにきましょ。

お昼ごはんを食べたら、木登りの木へ。

IMG_2937

木の上は、居心地がいいかなぁ。

木の下でも、だんごむしを見つけたり、土と遊んだり。

IMG_2940

ちいさな世界にも、楽しさはたくさんつまっています。

ウクレレが鳴ったら、そろそろ絵本の時間。
みんなも一緒に音楽隊です。

IMG_2946

形になっていなくても、好きにやるのが何よりです。

最後の絵本は、『みのむしがとんだ(作:得田之久)』を読みました。
冬のイメージが強いみのむしですが、
探せばいつでも会えるようです。
知らないことはまだまだたくさん。
知るっておもしろいなぁと思う絵本でした。

弱まる陽射しや涼しい風が合図したように、
植物たちもだんだんと秋の装いになってきました。
目をこらさないと見つからない小さな変化も、集まれば大きな変化に。

小さなキンモクセイの花も、集まったらはっとするほどいい香り。

IMG_2963

もうすぐ10月。
いつものあそびは、いつも通り。
今しかできないあそびも、たっぷり楽しみましょ。

秋本番がどんどんと近づいてきますね。
秋の楽しみも、近づいてきます。

*ねっこ*

 

○●おまけ●○●

椿の実も、すこしずつ落ちてきました。
届くかな?とれるかなぁ?やってみましょ。

IMG_2964

この記事へのコメント